宮坂力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮坂 力
(みやさか つとむ)
生誕 (1953-09-10) 1953年9月10日(67歳)
神奈川県鎌倉市
国籍 日本の旗 日本
研究機関 桐蔭横浜大学
出身校 早稲田大学理工学部応用化学科
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

宮坂 力(みやさか つとむ、1953年9月10日[1] - )は、日本の化学者。神奈川県鎌倉市出身[1]。学士(早稲田大学)、工学修士(東京大学)、工学博士(東京大学)

人物[編集]

父親が建築会社にいたことから自身も建築の道を志したが、父親から「建築の中心はデザインだ」と教えられ、それに衝撃を受けて化学へ方向転換する[2]

1976年3月に早稲田大学理工学部応用化学科を卒業した後、東京大学大学院へ進学して工学系研究科工業化学修士課程で2年間学ぶ。その後に東京大学大学院の合成化学博士課程へ進んだ後、1980年から1年間、カナダへ留学し、ケベック大学大学院生物物理学科客員研究員として勤務する[3]

大学院では光電気化学を専門に研究し、特に色素増感半導体の研究に力を入れた。

1981年3月に東京大学大学院工学系研究科合成化学博士課程を修了した後、同年4月に富士写真フイルムに入社[2]。同社の足柄研究所研究員として勤務。富士フイルム時代にはインスタントカメラ用フォトラマフィルムの高感度フィルムの開発やリチウム二次電池の開発などを手掛ける[2]

しかし、富士フイルムがリチウム二次電池開発を「採算が採れない」として中止したこともあり、富士フイルムでの研究生活に徒労感を感じていたところに、桐蔭横浜大学工学部教授だった杉道夫の知遇を得、2001年に桐蔭横浜大学の教員公募募集を経て、2001年より桐蔭横浜大学大学院工学研究科教授に就任[2]

その間、2004年には横浜市中田宏市長(当時)のベンチャー企業創業政策推進に呼応する形で太陽電池研究のためにペクセル・テクノロジーズを設立し、2009年まで代表取締役を務めた[2]

2009年からはペロブスカイト太陽電池の研究・開発に取り組んでおり、2017年には宮坂の研究である『効率的なエネルギー変換を達成するためのペロブスカイト材料の発見と応用』が、 クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞を受賞した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Tsutomu Miyasaka Prabook
  2. ^ a b c d e ペロブスカイトの成功は人のつながりがなければ成し得なかった OplusE「私の発言」 2016.10.25 アドコム・メディア
  3. ^ 宮坂 力 桐蔭横浜大学宮坂研究室
  4. ^ クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞」を発表 2017年 日本からの受賞者は1名 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン 2017年9月20日

外部リンク[編集]