館山健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
館山 健太
Kenta Tateyama
Tateyama kenta.jpg
引退
ポジション スモールフォワード
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-12-26) 1990年12月26日(32歳)
出身地 秋田県秋田市
身長(現役時) 190cm (6 ft 3 in)[1]
体重(現役時) 90kg (198 lb)[1]
キャリア情報
出身 能代工業高校
専修大学
ドラフト 新人選手契約制度
選手経歴
2013-2016
2016-2017
2017-2019
2019-2020
2020
秋田ノーザンハピネッツ
青森ワッツ
鹿児島レブナイズ
東京八王子ビートレインズ
埼玉ブロンコス
受賞歴
  • 2 x B3スリーポイント王 (2017-18,2018-19)
代表歴
キャップ 日本の旗 日本 2008 U-18アジア選手権

館山 健太(たてやま けんた、1990年12月26日[2] - )は、日本の男子プロバスケットボール選手である。ポジションはスモールフォワード

秋田県秋田市出身。専修大学在学中の2013年1月にbjリーグ秋田ノーザンハピネッツと契約し、プロ選手となる。B3リーグ鹿児島レブナイズに在籍していた2017-18シーズン、2018-19シーズンにはスリーポイント成功率1位のタイトルを獲得した。埼玉ブロンコスに在籍していた2019-20シーズンの終了後、引退した。

来歴[編集]

秋田市立中通小学校でバスケを始め、秋田市立秋田南中学校2年次にジュニアオールスターを経験[2]秋田県立能代工業高等学校に進学し、2年次にはインターハイ・国体2冠、3年次にはU-18日本代表に選ばれアジア選手権4位[2]。卒業後は専修大学に進学。大学4年次の2013年1月にbjリーグの新人選手契約制度により秋田ノーザンハピネッツに入団した[2]

2015-16シーズン開始前、チームは館山をアメリカに派遣しワークアウトを受講させる[3]。背番号も33から、高校時代の背番号6に変更した[4]。だがこのシーズン、出場試合数は前シーズンの49から25に減り、1試合平均得点も2.1得点に留まった。シーズン終了後、秋田は館山との契約を更新せず[5]、館山は高校時代の恩師である佐藤信長が率いる青森ワッツに移籍した[6][1]

bjリーグからBリーグとなった2016-17シーズン、B2リーグ所属の青森では50試合に出場した。

2017-18シーズンはB3リーグの鹿児島レブナイズと契約。2018-19シーズンも鹿児島に残留し、2018年12月4日の岩手ビッグブルズ戦ではスリーポイント9本を決めてチーム記録となる6連勝に貢献した[7]。2019年3月31日の岐阜スゥープス戦では試合終了間際に決勝点を挙げた[8]。このシーズン、54試合に出場した館山はスリーポイント成功率で前年を上回る38.2を記録し、2シーズン連続でタイトルを獲得した。

2019-20シーズンはB3の東京八王子ビートレインズと契約[9]。しかし八王子の経営状態が悪化し報酬の遅配などが発生[10]、館山は2020年1月20日に八王子との契約を解除し[11]、同じB3リーグの埼玉ブロンコスに移籍した。埼玉では2月までに10試合に出場したが、新型コロナウイルス感染症の影響でB3リーグは中止となった。

シーズン終了後の2020年5月15日には3x3のTACHIKAWA DICE.EXEと契約したが[12]、6月30日、自身のツイッターにて引退を表明[13]。TACHIKAWA DICE.EXEとの契約も8月に解除された[14]

引退後は地元の秋田に帰郷し、一般企業に就職している。

カリーと対戦する館山 (#18)

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2012-13 秋田 8 1 6.2 25.0 26.3 75.0 0.4 0.2 0.2 0.0 0.1 2.2
2013-14 秋田 25 2 3.5 26.3 20.7 50.0 0.3 0.2 0.1 0.0 0.2 1.2
2014-15 秋田 49 1 7.3 45.3 36.8 68.4 0.9 0.3 0.1 0.1 0.4 3.8
2015-16 秋田 25 0 6.6 31.7 21.2 100 1.2 0.7 0.2 0.0 0.4 2.1
2016-17 青森 50 49 23.6 46.2 37.0 76.1 2.6 1.9 0.5 0.6 1.6 8.2
2017-18 鹿児島 58 50 22.9 43.2 37.8 70.0 2.8 3.0 0.7 0.4 2.2 8.7
2018-19 鹿児島 54 35 19.1 39.0 38.2 66.7 1.8 2.5 0.4 0.3 1.7 7.4
2019-20 八王子 25 0 17.5 44.4 41.0 52.6 2.2 1.4 0.4 0.2 1.3 7.1
2019-20 埼玉 10 0 19.0 37.5 40.0 50.0 1.4 2.0 0.4 0.3 0.8 4.3

脚注[編集]

  1. ^ a b c “【お知らせ】Bリーグ 2016-2017シーズン青森ワッツ 選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 青森ワッツ, (2016年6月15日), http://www.aomori-wats.com/30034/ 2016年8月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d “【注目!】新入団選手「契約基本合意」のお知らせ” (プレスリリース), 秋田プロバスケットボールクラブ株式会社, (2013年1月17日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1656 
  3. ^ “【#6館山健太・アメリカ武者修行】米国パーソナル・スキル・ワークアウト参加のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2015年6月24日), http://www.happinets.net/news-cate08-entry/2015/06/24/20923/ 2016年8月2日閲覧。 
  4. ^ “【契約継続】館山健太選手 契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2015年6月16日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2015/06/16/20854/ 2016年8月2日閲覧。 
  5. ^ “選手契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2016年6月7日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2016/06/07/31249/ 2016年8月2日閲覧。 
  6. ^ “館山健太選手移籍のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2016年6月15日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2016/06/15/31454/ 2016年8月2日閲覧。 
  7. ^ “レブナイズ チーム新記録の6連勝”. 南日本放送. https://blogs.mbc.co.jp/sports/2632 2020年9月3日閲覧。 
  8. ^ “レブナイズ 劇的ブザービーターで勝利”. 南日本放送. (2019年3月31日). https://blogs.mbc.co.jp/sports/3430 2020年9月3日閲覧。 
  9. ^ “館山健太選手契約合意(新規)のお知らせ” (プレスリリース), 東京八王子ビートレインズ, (2019年7月5日), https://trains.co.jp/news/detail/id=13320 2020年9月3日閲覧。 
  10. ^ 東京八王子ビートレインズの準加盟資格失格…大河チェアマン「コンパクトな経営で再起を図ってほしい」”. バスケットボールキング. フロムワン (2019年1月23日). 2020年9月3日閲覧。
  11. ^ (プレスリリース), 東京八王子ビートレインズ, (2020年1月20日), https://trains.co.jp/news/detail/id=13636+2020年9月3日閲覧。 
  12. ^ (プレスリリース), TACHIKAWA DICE.EXE, (2020年5月15日), http://tachikawa-dice.tokyo/news/post=1205/+2020年9月3日閲覧。 
  13. ^ “元ハピネッツ館山が引退表明 秋田市出身、能代工高卒”. 秋田魁新報. (2020年7月1日). https://www.sakigake.jp/news/article/20200630AK0027/ 2020年9月3日閲覧。 
  14. ^ “契約解除のお知らせ” (プレスリリース), TACHIKAWA DICE.EXE, (2020年8月19日), http://tachikawa-dice.tokyo/news/post=1262/ 2020年9月3日閲覧。 

外部リンク[編集]