竹内譲次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹内 譲次
JOJI Takeuchi
Takeuchi joji 20150104.jpg
アルバルク東京  No.15
ポジション PF/C
背番号 15
身長 207cm (6 ft 10 in)
体重 98kg (216 lb)
血液型 A型
基本情報
本名 竹内 譲次
ラテン文字 JOJI Takeuchi
誕生日 (1985-01-29) 1985年1月29日(34歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府吹田市
出身 洛南高等学校(2003年卒)
東海大学(2007年卒)
ドラフト  

竹内 譲次(たけうち じょうじ、1985年1月29日 - )は、大阪府吹田市出身の日本バスケットボール選手。バスケットボール男子日本代表。現在はアルバルク東京に所属している。 高校時代から双子の兄竹内公輔とともに脚光を浴び、日本男子バスケットボール界で「竹内世代」と言われる一時代を作った。身長207cm、体重98Kg、血液型A型。ポジションはPF/C

来歴・人物[編集]

吹田市立佐井寺中学校1年からバスケットボールを始めた。

2000年、兄同様京都府の名門洛南高等学校に入学[1]、同期に横尾達泰がいた。兄とともにツインタワーとして活躍し、2002年高校3年時ウィンターカップ2002初優勝、同年高知国体高校男子の部で優勝した。

2003年、兄とは別に東海大学に進学し、2004年度、東海大学のバスケットチームの2部優勝1部昇格に貢献する。2005年、全日本大学選手権で優勝した。

2006年、関東大学1部リーグ優勝、優秀選手賞獲得、全日本大学選手権優勝、最優秀選手賞を獲得、世界選手権2006年アジア大会のメンバーにも選ばれた。

2007年、学生としては21年ぶりとなるオールジャパンベスト4に貢献しベスト5に選出される。同年日立サンロッカーズに入団し、プロ契約を結んだ。

2007年アジア選手権のメンバーに選ばれた[2]

2008年、オールジャパンベスト4に貢献し、2年連続でベスト5に選出された。

元日本代表フォワードで大学時代の恩師である陸川章監督を師と仰いでいる。

2009年、NBAを目指し渡米、竹内もこの時移籍選手リストに登録されている。しかしサマーリーグ出場に至らず再登録された。

2013年のNBLオールスターに選出されている[3]

2015年、オールジャパン優勝に貢献し5年ぶり5回目のベスト5に選出される。

2016年オフにアルバルク東京へ移籍した[4]

経歴[編集]

  • 吹田市立佐井寺中学校 -洛南高校 - 東海大学 - 日立(2007年 - 2016年) - アルバルク東京

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
NBL 2013-14 日立 36 29.3 .513 .182 .667 9.3 2.2 0.7 1.0 1.7 12.3
NBL 2014-15 日立 53 28.1 .557 .250 .758 8.2 2.0 0.9 0.7 1.6 12.5
NBL 2015-16 日立 51 30.5 .496 .237 .716 7.8 1.9 1.0 1.2 1.5 12.3
B1 2016-17 A東京

雑学[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バスケットボールの洛南高OB、竹内兄弟の紹介”. 京都新聞. 2014年7月15日閲覧。
  2. ^ Player Profile at FIBA.com
  3. ^ NBL/NBDLオールスターファン投票最終結果発表”. BASKETBALL SPIRITS (2013年11月11日). 2014年3月22日閲覧。
  4. ^ 選手契約基本合意のご報告 アルバルク東京 2016年7月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]