藤本裕 (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 裕(ふじもと ゆたか、1950年12月21日 - 2001年10月31日)は、日本のバスケットボール選手・指導者である。別名「日本のパット・ライリー」(北原憲彦談)。

人物[編集]

大阪商業大学卒業後の1973年に日本鋼管に入社。日本リーグ新人王を獲得。

1976年のモントリオールオリンピックに全日本として参加。

引退後、日本鋼管の監督に就任。毎年オフにはアメリカでスカウト活動を行い、NBAには及ばないが戦力として可能性のある選手を発掘する。エリック・マッカーサーもその1人である。

さらに日本人も阿部理らをスカウトした。

晩年はデンソーの監督を務めた。

関連項目[編集]