千種信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千種信雄
NOBUO Chigusa
引退
ポジション(現役時) スウィングマン(SG/SF)
身長(現役時) 188cm (6 ft 2 in)
--
基本情報
本名 千種信雄
ラテン文字 NOBUO Chigusa
日本語 千種信雄
誕生日 (1945-10-20) 1945年10月20日(72歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府
出身 大阪商業大学
ドラフト  
住友金属

千種 信雄(ちぐさ のぶお、1948年10月20日 - )は、日本の元バスケットボール選手である。

来歴[編集]

大阪商業大学から住友金属に入社しシューターとして活躍。

全日本のメンバーとしてミュンヘンモントリオール五輪に2大会連続で出場。

日本リーグでは3度の優勝に貢献し、第9回(1975)と第11回大会(1977)でベスト5に選出されている。

国内屈指のシューティング技術を持ち、1975年に行われた全日本のポートランド遠征で、 NBAポートランド・トレイルブレイザーズから誘われた程の実力である。

引退後は指導者に転じ、籠球団休部時の監督も務めていた。

その後は住友金属の北陸支社長などを務める。

関連項目[編集]