桑田健秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田 健秀
KIYOHIDE Kuwata
Kuwata kiyohide.jpg
引退
身長(現役時) 190cm (6 ft 3 in)
--
基本情報
本名 桑田 健秀
ラテン文字 KIYOHIDE Kuwata
日本語 桑田 健秀
誕生日 (1953-01-03) 1953年1月3日(66歳)
日本の旗 日本
出身地 東京都大田区
熊本県山鹿市生まれ)
出身 慶應義塾高校
慶應義塾大学
ドラフト  
選手経歴
1976-1983 日本鋼管
指導者経歴
2005-2012 エバラヴィッキーズ

桑田 健秀(くわた きよひで、1953年1月3日 - )は、熊本県山鹿市生まれ東京都大田区馬込出身[1]バスケットボール選手・指導者である。現役時代はシューティングガードからセンターまでこなした。

来歴[編集]

熊本で生まれ、1歳で東京に移住。大田区立馬込東中学校でバスケを始め、慶應義塾高校に進み、能代工業高校監督加藤廣志が率いる全日本ジュニアに選出される。

その後慶應義塾大学では谷口正朋(中大)が持っていた得点記録を更新。1973年夏季ユニバーシアードにも出場[2]

卒業後、日本鋼管(NKK)に入社。1976年にはモントリオール五輪に出場するなど全日本で11年間プレーした[2]。NKKでも日本リーグ1度、オールジャパン2度の優勝に貢献する[2]

1983年現役引退[2]。バスケットボールからも離れるが、NKK会長の日本協会会長就任を機にバスケ界に復帰。

1990年から1992年まで男子全日本ジュニアのアシスタントコーチに就任し、アジアジュニア優勝・世界ジュニアに導く[2]

1997年バスケットボール日本リーグ機構(JBL)が発足されると、翌年には常務理事に就任[2]。プロ化実現へ向けて奔走した[1]

2002年退任。

2003年、NPO法人ピボットフットを設立[2]

2005年W1リーグに所属するエバラヴィッキーズのヘッドコーチに就任[2](前任者の坂根茂は中学・高校・大学の後輩)。チアリーディングチームをピボットフットで結成した[1]

2008年チャレンジ!おおいた国体バスケットボール競技で優勝に導いた[2]

2012年、退任。

経歴[編集]

  • 慶應義塾高校 - 慶應義塾大 - 日本鋼管(1976年〜1983年)

日本代表歴[編集]

  • 1970アジアジュニア選手権
  • 1973ユニバーシアード
  • 1973アジア選手権
  • 1975アジア選手権
  • 1976モントリオール五輪
  • 1977アジア選手権
  • 1978アジア競技大会
  • 1979アジア選手権

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]