JBLオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

JBLオールスターゲーム(JBL All-Star Game)は、日本バスケットボールリーグ(JBL)が主催していた対抗試合である。

歴史[編集]

オールスターは日本協会主催時代より行われていた。当時1部リーグはタイガーとクーガーの2ディビジョン制を採っていたためそれぞれのディビジョンに分かれて行われ、日本リーグ機構(旧JBL)発足後もこの形式で継続された。JBLが女子も統括していた時代には女子のオールスターも合わせて開催していた。現行の女子日本リーグ機構(WJBL)移行後も数年は行われていたが、2002年3月を最後に女子のオールスターは開催されなかった(2016年に復活)。

ところが、2000年にスーパーリーグに移行すると、チーム編成も変更される。所属チームの枠組みを外し、ホワイトとブラック(後にブルー)に分かれて編成された。

旧JBL時代は国立代々木競技場第二体育館など首都圏の会場を使用していたが、開催時期はシーズンによって異なり、ファイナル終了後に行うシーズンもあれば前半戦終了後(12月または1月)に行うシーズンもあった。

2007-08以降は新JBL下での大会として12月下旬に参加チームの主管よる持ち回りで開催された。2008-09からは12月23日に固定されていた。

試合概要[編集]

新JBLではファン投票などにより選出された10人からなる2チームによる東西対抗形式となる。

ファン投票は各5ポジション1位と外国籍選手2名を選出。残り3名はメディア・チーム推薦により選出される。投票は会場投票・インターネット投票・ハガキ投票の3通りで行われる。締め切りは11月中旬頃まで(ハガキ投票は消印有効)。

放送について[編集]

2004-05まではJ SPORTS、2005-06からはスカイ・A sports +で中継されている。

冠スポンサー[編集]

過去の結果[編集]

月日 会場 勝者 スコア 敗者 MVP
1995-96 国立代々木競技場第二体育館 タイガー 112-105 クーガー トム・ホーバストヨタ自動車
1996-97 3月23日 国立代々木競技場第二体育館 タイガー 104-91 クーガー トム・ホーバス(トヨタ自動車)
1997-98 12月 国立代々木競技場第二体育館 クーガー 140-98 タイガー 折茂武彦(トヨタ自動車)
1998-99 国立代々木競技場第二体育館 タイガー 134-117 クーガー 折茂武彦(トヨタ自動車)
1999-00 有明コロシアム タイガー 100-98 クーガー 北卓也東芝
2000-01 国立代々木競技場第二体育館 ブルー 116-112 レッド ルシアス・デービスいすゞ自動車
2001-02 国立代々木競技場第二体育館 ブルー 111-93 レッド ケーシー・カルバリー(いすゞ自動車)
2002-03 3月20日 国立代々木競技場第二体育館 ブルー 108-90 ホワイト 折茂武彦(トヨタ自動車)
2003-04 12月19日 国立代々木競技場第二体育館 ブラック 131-106 ホワイト 庄司和広新潟
2004-05 3月31日 国立代々木競技場第二体育館 ブルー 102-98 ホワイト 折茂武彦(トヨタ自動車)
2005-06 1月14日 国立代々木競技場第二体育館 ブルー 107-103 ホワイト 折茂武彦(トヨタ自動車)
2006-07 1月14日 横浜文化体育館 ブルー 107-103 ホワイト 折茂武彦(トヨタ自動車)
2007-08 12月25日 月寒アルファコートドーム WEST 122-112 EAST 朝山正悟オーエスジー
2008-09 12月23日 宇都宮市体育館 EAST 120-98 WEST 川村卓也リンク栃木
2009-10 12月23日 月寒アルファコートドーム EAST 132-120 WEST 折茂武彦(北海道
2010-11 12月23日 ALSOKぐんまアリーナ WEST 117-114 EAST ロン・ヘール三菱電機
2011-12 12月23日 広島グリーンアリーナ EAST 134-131 WEST 川村卓也(リンク栃木)
2012-13 12月24日 パークアリーナ小牧 EAST 126-119 WEST 折茂武彦(北海道)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]