東海林周太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海林周太郎
SHUTARO Shoji
引退
--
--
基本情報
本名 東海林周太郎
ラテン文字 SHUTARO Shoji
日本語 東海林周太郎
誕生日 (1933-11-12) 1933年11月12日
没年月日 (2017-07-15) 2017年7月15日(83歳没)
日本の旗 日本
出身地 山形県
ドラフト  
日本鉱業

東海林 周太郎(しょうじ しゅうたろう、1933年11月12日 - 2017年7月15日[1])は、山形県出身のバスケットボール選手・指導者である。

人物[編集]

山形東高校から立教大学に進み、全日本チームの一員としてメルボルン五輪に出場。

卒業後は日本鉱業に入社し、ローマ五輪に出場した。

引退後はコーチに転じ、1966年には全日本の監督を務めた。

1995年にバスケットボール日本リーグ機構が発足されると、専務理事に就任した。

2017年7月15日、心筋梗塞のため死去[1]。83歳没。

日本代表歴[編集]

  • 1954アジア大会
  • 1956メルボルン五輪
  • 1958アジア大会
  • 1960アジア選手権
  • 1960ローマ五輪

脚注[編集]

関連項目[編集]