1971年バスケットボール男子アジア選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1971年男子アジア選手権
第6回男子バスケットボールアジア選手権
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 10月30–11月10日
チーム数 9チーム (all Asian連盟)
会場 1会場 (1都市)
優勝  日本 (2回目)

1971年バスケットボール男子アジア選手権The 6th Basketball Asia Championship for Men )は、日本東京で開催された第6回バスケットボール男子アジア選手権10月30日から11月10日までの期間で開催された。日本での開催はこの大会が初めてである。

開催国である日本が3大会振り2度目の優勝を飾り、フィリピンとともにミュンヘン五輪出場権を獲得した。

結果[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 日本 8 8 0 734 427 +307 16
 フィリピン 8 7 1 808 572 +236 15
 韓国 8 6 2 784 523 +261 14
 台湾 8 5 3 654 577 +77 13
 マレーシア 8 4 4 588 613 −25 12
 インド 8 3 5 563 632 −69 11
 タイ 8 2 6 544 692 −148 10
 シンガポール 8 1 7 548 806 −258 9
 香港 8 0 8 493 874 −381 8
10月 30 シンガポール  80–134  フィリピン 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 31–68, 49–66
10月 30 日本  79–44  タイ 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 35–15, 44–29
10月 30 香港  51–125  韓国 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 24–58, 27–67
10月 30 マレーシア  80–68  インド 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 45–33, 35–35
10月 31 タイ  98–58  シンガポール 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 37–26, 61–32
10月 31 台湾  92–69  マレーシア 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 42–36, 50–33
10月 31 フィリピン  133–57  香港 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 64–28, 69–29
10月 31 韓国  83–57  インド 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 55–22, 28–35
11月 1 香港  38–131  日本 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 16–63, 22–68
11月 1 シンガポール  62–98  台湾 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 38–54, 24–44
11月 1 マレーシア  57–79  韓国 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 29–40, 28–39
11月 1 タイ  67–75  インド 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 32–32, 35–43
11月 3 フィリピン  95–53  マレーシア 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 43–30, 52–23
11月 3 インド  80–79  シンガポール 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 40–41, 40–38
11月 3 日本  86–57  台湾 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 50–25, 36–32
11月 3 韓国  131–61  タイ 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 66–27, 65–34
11月 4 台湾  96–59  香港 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 50–25, 46–34
11月 4 日本  87–56  インド 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 42–32, 45–24
11月 4 タイ  72–121  フィリピン 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 33–59, 39–62
11月 6 韓国  80–88  フィリピン 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 34–44, 46–44
11月 6 香港  72–96  シンガポール 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 32–38, 40–58
11月 6 インド  64–71  台湾 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 32–36, 32–35
11月 7 日本  86–48  マレーシア 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 45–26, 41–22
11月 7 タイ  85–76  香港 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 47–34, 38–42
11月 7 シンガポール  49–125  韓国 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 19–59, 30–66
11月 8 香港  74–101  インド 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 34–57, 40–44
11月 8 フィリピン  69–93  日本 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 39–45, 30–48
11月 8 マレーシア  71–50  タイ 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 24–22, 47–28
11月 8 台湾  84–93  韓国 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 34–34, 33–33 OT: 10–10, 7–16
11月 9 マレーシア  107–66  香港 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 57–33, 50–33
11月 9 日本  96–47  シンガポール 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 54–21, 42–26
11月 9 台湾  81–67  タイ 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 42–34, 39–33
11月 9 インド  62–91  フィリピン 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 30–43, 32–48
11月 10 シンガポール  77–103  マレーシア 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 41–48, 36–55
11月 10 フィリピン  77–75  台湾 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 40–45, 37–30
11月 10 韓国  68–76  日本 国立代々木競技場
ハーフ・スコア: 30–37, 38–39

最終順位[編集]

ミュンヘンオリンピック出場権獲得
Rank Team Record
1位  日本 8–0
2位  フィリピン 7–1
3位  韓国 6–2
4  台湾 5–3
5  マレーシア 4–4
6  インド 3–5
7  タイ 2–6
8  シンガポール 1–7
9  香港 0–8

[編集]

 1971 アジア選手権優勝 

日本
2回目

関連項目[編集]