1985年バスケットボール男子アジア選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1985年男子アジア選手権
第13回男子バスケットボールアジア選手権
概要
開催国 マレーシアの旗 マレーシア
期間 12月 28 – 1月 5
チーム数 15チーム (28連盟)
会場 3会場 (3都市)
優勝  フィリピン (5回目)

1985年バスケットボール男子アジア選手権(The 13th Basketball Asia Championship for Men)は、マレーシアクアラルンプールで開催された第13回バスケットボール男子アジア選手権12月28日から1986年1月5日までの期間で開催された。

フィリピンが6大会ぶり5度目の優勝を飾り、1986年世界選手権出場権を獲得したが、エドゥサ革命のため辞退。フィリピンを除く上位の韓国・中国・マレーシアが世界選手権に出場した。

予選ラウンド[編集]

Group A[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 中国 2 2 0 257 103 +154 4
 タイ 2 1 1 171 190 −19 3
 インドネシア 2 0 2 102 237 −135 2
12月 29 インドネシア  31–138  中国 スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 14–58, 17–80
12月 30 タイ  99–71  インドネシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 42–37, 57–34
12月 31 中国  119–72  タイ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 59–39, 60–33

Group B[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 フィリピン 3 3 0 268 191 +77 6
 日本 3 2 1 244 236 +8 5
 ヨルダン 3 1 2 253 228 +25 4
 パキスタン 3 0 3 184 294 −110 3
12月 29 日本  91–69  パキスタン Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 43–36, 48–33
12月 29 フィリピン  81–70  ヨルダン Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 43–24, 38–46
12月 30 ヨルダン  80–83  日本 Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 39–47, 41–36
12月 30 パキスタン  51–100  フィリピン Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 30–45, 21–55
12月 31 ヨルダン  103–64  パキスタン Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 46–39, 57–25
12月 31 フィリピン  87–70  日本 Indera Mulia Stadium, イポー
ハーフ・スコア: 47–32, 40–38

Group C[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 韓国 3 3 0 313 181 +132 6
 チャイニーズタイペイ 3 2 1 295 232 +63 5
 シンガポール 3 1 2 196 277 −81 4
 香港 3 0 3 192 306 −114 3
12月 29 チャイニーズタイペイ  108–75  香港 Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 51–48, 57–27
12月 29 韓国  111–43  シンガポール Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 55–29, 56–14
12月 30 韓国  113–58  香港 Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 50–30, 63–28
12月 30 チャイニーズタイペイ  107–68  シンガポール Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 60–18, 47–50
12月 31 香港  59–85  シンガポール Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 31–34, 28–51
12月 31 チャイニーズタイペイ  80–89  韓国 Han Chiang Indoor Stadium, ペナン
ハーフ・スコア: 41–43, 39–46

Group D[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 マレーシア 3 3 0 319 188 +131 6
 イラン 3 2 1 266 221 +45 5
 インド 3 1 2 286 239 +47 4
 スリランカ 3 0 3 170 393 −223 3
12月 28 スリランカ  53–140  マレーシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 21–67, 32–73
12月 28 イラン  86–78  インド スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 36–35, 50–43
12月 29 マレーシア  92–58  イラン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 50–20, 42–38
12月 30 インド  131–66  スリランカ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 70–29, 60–37
12月 31 スリランカ  51–122  イラン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 29–43, 22–79
12月 31 マレーシア  87–77  インド スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 47–43, 40–34

決勝ラウンド[編集]

13-15位決定戦[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 香港 2 2 0 185 156 +29 4
 パキスタン 2 1 1 172 147 +25 3
 スリランカ 2 0 2 121 175 −54 2
1月 2 パキスタン  83–99  香港 スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 31–52, 52–47
1月 3 スリランカ  48–89  パキスタン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 32–46, 16–43
1月 5 香港  86–73  スリランカ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 49–35, 37–38

9-12位決定戦[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 ヨルダン 3 3 0 275 178 +97 6
 インド 3 2 1 299 220 +79 5
 インドネシア 3 1 2 188 278 −90 4
 シンガポール 3 0 3 200 286 −86 3
1月 2 インドネシア  61–113  インド スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 41–52, 20–61
1月 2 ヨルダン  93–58  シンガポール スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 51–28, 42–30
1月 3 シンガポール  65–70  インドネシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 29–32, 36–38
1月 3 インド  63–82  ヨルダン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 29–42, 34–40
1月 5 ヨルダン  100–57  インドネシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 50–29, 50–28
1月 5 シンガポール  77–123  インド スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 36–73, 41–50

5-8位決定戦[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 日本 3 3 0 225 189 +36 6
 チャイニーズタイペイ 3 2 1 269 219 +50 5
 タイ 3 1 2 211 247 −36 4
 イラン 3 0 3 201 251 −50 3
1月 2 タイ  62–70  日本 スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 32–43, 30–27
1月 2 イラン  69–97  チャイニーズタイペイ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 34–48, 35–49
1月 3 日本  76–55  イラン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 33–23, 43–32
1月 3 チャイニーズタイペイ  100–71  タイ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 50–28, 50–43
1月 5 タイ  78–77  イラン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 36–41, 42–36
1月 5 日本  79–72  チャイニーズタイペイ スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 38–35, 41–37

決勝リーグ[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 フィリピン 3 3 0 233 209 +24 6
 韓国 3 2 1 226 213 +13 5
 中国 3 1 2 224 214 +10 4
 マレーシア 3 0 3 195 242 −47 3
1月 2
19:30
中国  87–58  マレーシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 41–27, 46–31
1月 2
21:00
フィリピン  76–72  韓国 スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 36–25, 40–47
1月 3
19:30
韓国  74–65  中国 スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 31–29, 43–36
1月 3
21:00
マレーシア  65–75  フィリピン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 29–40, 36–35
1月 5
19:30
韓国  80–72  マレーシア スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 43–36, 37–36
1月 5
21:00
中国  72–82  フィリピン スタジアム・ネガラ, クアラルンプール
ハーフ・スコア: 42–48, 30–34

最終順位[編集]

1986年世界選手権出場権獲得
Rank Team Record
1位  フィリピン 6–0
2位  韓国 5–1
3位  中国 3–2
4  マレーシア 3–3
5  日本 5–1
6  チャイニーズタイペイ 4–2
7  タイ 2–3
8  イラン 2–4
9  ヨルダン 4–2
10  インド 3–3
11  インドネシア 1–4
12  シンガポール 1–5
13  香港 2–3
14  パキスタン 1–4
15  スリランカ 0–5

[編集]

 1985 アジア選手権優勝 

フィリピン
5回目

関連項目[編集]