バスケットボールイラン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 Basketball pictogram.svgバスケットボールイラン代表
国または地域 イランの旗 イラン
協会 イランバスケットボール連盟
FIBAランキング 23位(2021年3月版)
オリンピック
出場回数 3回
初出場 1948 ロンドン
最高成績 11位
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 3回
初出場 2010 世界選手権
最高成績 19位
アジア選手権
最高成績 優勝(2007,2009,2013)
ユニフォーム
Kit body thinsidesonwhite.png
ホームのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinwhitesides.png
アウェイのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

バスケットボールイラン代表(Iran national basketball team)は、イランバスケットボール連盟によって国際大会に派遣されるバスケットボールナショナルチームである。

来歴[編集]

1948年ロンドンオリンピックでオリンピック初出場。1951年アジア競技大会で銅メダルを獲得。アジア選手権には1973年に初出場。以後しばらくはアジアでも上位に進出することは稀であった。

2006年にキリンカップ・バスケットボールで来日し1勝2敗と負け越したが、同年のドーハアジア大会では日本を下して銅メダルを獲得している。

翌2007年にはアジア選手権で初優勝を達成し、2008年北京オリンピックに60年ぶりに出場。

2009年アジア選手権で2連覇を果たし、2010年バスケットボール世界選手権に初出場。

2011年アジア選手権は準々決勝で敗れ、2012年ロンドンオリンピックの出場は逃した。

2013年アジア選手権で3度目の優勝を達成し、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップ(旧世界選手権)には2大会連続で出場。

2019年ワールドカップ予選はオーストラリア、日本に次ぐ予選グループ内3位で突破。ワールドカップ本大会はグループリーグで3連敗を喫したが、順位決定リーグで2勝して最終順位で、中国を得失点差で上回ってFIBAアジア加盟国1位となり、東京オリンピック出場権を獲得。

2021年7月開幕の東京オリンピックはチェコ、アメリカ、フランスに3連敗。

主な国際大会成績[編集]

夏季オリンピック[編集]

Year 順位 試合
イギリスの旗 1948 14位 7 2 5
中華人民共和国の旗 2008 11位 5 0 5
日本の旗 2020 12位 3 0 3

FIBAワールドカップ[編集]

FIBAアジアカップ[編集]

  • 1960 不出場
  • 1963 不出場
  • 1965 不出場
  • 1967 不出場
  • 1969 不出場
  • 1971 不出場
  • 1973 5位
  • 1975 不出場
  • 1977 不出場
  • 1979 不出場
  • 1981 8位
  • 1983 5位
  • 1985 8位
  • 1987 不出場
  • 1989 5位
  • 1991 6位
  • 1993 4位
  • 1995 10位
  • 1997 8位
  • 1999 不出場
  • 2001 不出場
  • 2003 5位
  • 2005 6位
  • 2007 Med 1.png優勝
  • 2009 Med 1.png優勝
  • 2011 5位
  • 2013 Med 1.png優勝
  • 2015 3位
  • 2017 準優勝

アジア競技大会[編集]

  • 1951年 - Med 3.png3位
  • 1954年 - 不出場
  • 1958年 - 不出場
  • 1962年 - 不出場
  • 1966年 - 7位
  • 1970年 - 7位
  • 1974年 - 6位
  • 1978年 - 不出場
  • 1982年 - 不出場
  • 1986年 - 不出場
  • 1990年 - 7位
  • 1994年 - 8位
  • 1998年 - 7位
  • 2002年 - 不出場
  • 2006年Med 3.png3位
  • 2010年Med 3.png3位
  • 2014年 - 準優勝
  • 2018年 - 準優勝

FIBAアジアチャレンジ[編集]

西アジア選手権[編集]

ユーロバスケット[編集]

歴代代表選手[編集]

外部リンク[編集]