バスケットボールレバノン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 Basketball pictogram.svgバスケットボールレバノン代表
国または地域 レバノンの旗 レバノン
協会 レバノンバスケットボール連盟
FIBAランキング 34位(2014年9月14日版)
オリンピック
出場回数 0回
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 2回
初出場 2002 世界選手権
最高成績 16位(2002)
アジア選手権
最高成績 準優勝
テンプレートを表示

バスケットボールレバノン代表Lebanon national basketball team)は、レバノンバスケットボール連盟により国際大会に派遣されるバスケットボールのナショナルチームである。

歴史[編集]

当初はヨーロッパ連盟に所属しており、1949年1953年ユーロバスケットに出場したが、1960年アジア連盟発足とともに転籍。2001年と2005年には準優勝に輝く。2002年世界選手権で初出場を果たす。

日本で行われた2006年世界選手権にも出場し、フランスに1点差で勝ったが、その1勝のみにとどまりグループラウンド敗退となった。

2010年世界選手権は、カナダ戦の残り4分58秒にマット・フレイジェの逆転3ポイントシュートが成功、チームは81-71で勝利した[1]

2013年にFIBAから資格停止処分を受けて、全てのカテゴリの試合への出場権を失ったが、2014年に処分が解除された。

主な国際大会成績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]