大和証券ホットブリザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大和証券グループ本社ホットブリザーズ
愛称 ホットブリザーズ
創設年 1954年
解散年 2000年
本拠地 東京都
企業 大和証券グループ本社
テンプレートを表示

大和証券グループ本社ホットブリザーズ(だいわしょうけんグループほんしゃホットブリザーズ)は、かつてバスケットボール日本リーグに所属していた男子社会人バスケットボールチーム。現在、Bリーグに所属する新潟アルビレックスBBの前身となったチームである。

歴史[編集]

1954年大和証券バスケットボール部として発足。当時は証券会社による対抗バスケットボール大会に参加し、結成当初から1963年度までの10年間無敗で連続優勝を続けた。

その後1963年に関東実業団連盟の1部リーグ戦に参加。1967年の全日本実業団で上位に入り、第1回日本リーグに参加。しかし1年で降格。

1972年1973年の全日本実業団で連覇を達成し、1980年の全国実業団選手権でも優勝を果たす。

1991年から旧・日本リーグ参戦を果たし、2部初優勝。1993/1994年シーズンから1部加盟。これを機に「ホットブリザーズ」という愛称でプレーするとともに、1993年度で廃部された熊谷組から選手及びコーチを受け入れて再スタートを切った。

1999年、大和証券の持株会社化により大和証券グループ本社のバスケットボール部となり、チーム名も「大和証券グループ本社ホットブリザーズ」に改称。

しかし、長期不況が影響し証券業界の再編が進むことを背景に1999/2000年シーズンを最後に休部。チームの新たな受け皿としてNSGグループに移譲され「新潟アルビレックス」に生まれ変わった。

なお、大和証券は女子バスケットボール部も日本リーグに参加していた。

ちなみに、相模原市で活動するクラブチーム「相模原ホットブリザーズ」とは直接の関係はないが、ユニフォームは共通のデザイナーが手掛けている[1]

2013年3月23日・24日に行われた新潟主催ゲーム(対高松ファイブアローズ戦)にて大和証券時代の復刻ユニフォームが制作され当時の新潟所属選手が着用した[2]

過去の成績[編集]

旧JBL[編集]

年度 リーグ ディビジョン レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
1967 日本リーグ 1 1 6 ? ? ? ? ? 7位
1968 実業団リーグ ? ? ? ? ? ? ? ? 不明
1969 ? ? ? ? ? ? ? ? 不明
1970 ? ? ? ? ? ? ? ? 不明
1971 1 ? ? ? ? ? ? ? 不明
1972 2 4 6 ? ? ? ? ? 5位
1973 3 4 6 ? ? ? ? ? 3位
1974 4 4 6 ? ? ? ? ? 3位
1975 5 8 2 優勝
1976 6 6 4 4位
1977 7 2 8 5位
1978 日本リーグ 2部 12 6 4 3位
1979 13 3 7 5位
1980 14 5 5 準優勝
1981 15 2 8 5位
1982 16 1 9 5位
1983 17 6 8 4位
1984 18 10 4 準優勝
1985 19 6 8 4位
1986 20 4 10 6位
1987 21 1 13 8位
1988 22 5 10 6位
1989 23 1 14 6位
1990 24 10 5 準優勝
1991 25 12 3 優勝
1992 26 10 5 準優勝
1993 27 11 4 優勝
1994 1部 28 7 9 C4位 7位
1995 29 8 8 C4位 4位
1996 30 9 7 T3位 4位
1997 31 7 9 C2位 3位
1998 32 8 8 C3位 4位
1999 33 10 6 T4位 7位

※日本リーグ1部の第22回(1988年)から第33回(1999年)まではC(クーガー)、T(タイガー)のディビジョン制を導入。

主な歴代所属選手[編集]

太文字は新潟でも引き続きプレーした選手。

なお、鈴木裕紀は大和証券より内定を受けていたが、直後に休部となったため新潟に新人選手として入団した。

脚注[編集]

関連項目[編集]