イーグルバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イーグルバス株式会社
EAGLE BUS CO.,LTD.
Eaglebus.jpg
イーグルバスの「小江戸巡回バス」
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
350-0042
埼玉県川越市中原町2-8-2
設立 1980年4月
業種 陸運業
法人番号 4030001054294 ウィキデータを編集
事業内容 特定旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業、他
代表者 代表取締役社長 谷島賢
資本金 5,000万円
売上高 9億7,000万円(2014年度)
主要子会社 イーグルトラベル、イメディカ
外部リンク http://www.new-wing.co.jp/
テンプレートを表示

イーグルバスは、埼玉県川越市に本社を置く乗合バス貸切バス事業者である。

1950年昭和25年)に設立した旅行代理店「イーグルトラベル」を源流とし[1]、バス会社として1980年にイーグルバスを設立。川越市や東松山市周辺など埼玉県南西部地域を中心に、企業・学校送迎などの特定バスや観光バスを運行していた。1995年に川越市内循環バス「小江戸巡回バス」を運行開始。

2000年以降のバス事業規制緩和を受け、2003年から自社で一般路線バスを運行開始して乗合バス事業に参入した。その後も自治体バスコミュニティバスの受託運行、西武バスなどからの路線移管などにより、乗合バス事業を拡充している。

概要[編集]

乗合バスへの参入に際しては、一般路線バスの運行について効率の改善を進めた。2008年からバス車両に乗降客を数えるセンサーやGPS装置を取り付け、バス停や時間帯ごとの利用状況データや、時刻表と実際の運行との差を計測し。乗客数が増えるように運行ルートやダイヤを柔軟に見直している。2010年からは、観光地など人が集まる場所に複数の路線を乗り継ぐハブ停留所を設け、住民だけでなく旅行者の利用増を図っている。

こうしたITを活用した効率改善のための工夫は、2006年西武バスから引き継いだ日高市の路線バスで、谷島賢社長が乗客数の少なさに驚いたことから導入した[2]

運賃・乗車券類[編集]

西武バスから日高地区の路線を引き継いだ際に、バス共通カードが使用できなくなる旨はポスター掲示などで告知されていた。そのため車内で販売していた回数券が、当初は予想を上回る発売数となり売り切れ状態が続いた。

定期券は、路線によっては今なお営業所まで直接出向かないと購入できず、また購入場所も充分にPRされてはいなかった。

2016年10月1日より、東秩父村系統(寄居駅 - 和紙の里系統も含む)では、運賃の支払いは現金のほか、東秩父村系統専用回数券と定期券のみ適用となり、従来の回数券と定期券が利用できなくなった。

2020年3月14日から交通系ICカードを導入し、PASMOSuicaなどが利用可能となった[3]

PASMO・Suicaの利用では、バス利用特典サービス(バス特)も適用される。適用路線は以下のとおり[3]

  • 小江戸巡回バス
  • 日高飯能路線
  • ときがわ町路線バス
  • 東秩父村路線バス
  • 川越シャトル 11系統
    • 川越シャトルでは西武バス・東武バスがPASMO・Suicaを導入しており、バス特も適用されていたが、両社とも2021年3月31日をもってバス特を終了した。

沿革[編集]

本社・営業所[編集]

  • 本社:埼玉県川越市中原町二丁目8-2
  • 分室:埼玉県川越市中原町二丁目7-8 Y&Leeビル3F      
  • 川越営業所(車庫):埼玉県川越市笠幡173-1
  • 都幾川営業所(車庫):埼玉県比企郡ときがわ町瀬戸元上215-1
  • 寄居営業所(車庫):埼玉県大里郡寄居町寄居1677-1
  • 東京営業所(車庫):東京都羽村市双葉町一丁目2-1

現行路線[編集]

一般路線[編集]

小江戸巡回バス
武蔵高萩駅にて

川越営業所[編集]

小江戸巡回バス[編集]
  • 01系統 川越駅西口 → 本川越駅 → 中院 → 喜多院 → 川越市総合福祉センター → 蔵の街 → 川越市駅 → 本川越駅 → 川越駅西口
  • 04系統 川越駅西口 → 本川越駅 → 中院 → 喜多院
  • 06系統 喜多院 → 川越高校前 → あぐれっしゅ川越 → 蔵の街 → 川越市駅 → 本川越駅 → 川越駅西口
  • 11系統 川越駅西口 → 中院 → 喜多院 → 川越高校前 → 本丸御殿 → 蔵の街 → 川越市駅 → 本川越駅 → 川越駅西口
  • 11-1系統 川越駅西口 - 氷川神社前(7,8月の土日祝日のみ運行)
  • 15系統 川越駅西口 - 本川越駅 - 喜多院 - 氷川神社前(直行便。左記以外無停車。喜多院は川越駅行きのみ停車。良縁祈願祭日のみ運行)
  • 18系統 川越駅西口 → 中院 → 喜多院 → 川越高校前 → あぐれっしゅ川越 → 蔵の街 → 川越市駅 → 本川越駅 → 川越駅西口
  • 22系統 川越駅西口 → 本川越駅→ 蔵の街 → 川越高校前 → 喜多院 → 本川越駅 → 川越駅西口
  • 26系統 川越駅西口 → 本川越駅 → 中院 → 喜多院 → 川越高校前 → 本丸御殿 → 蔵の街
日高飯能路線[編集]
  • H06系統 高麗川団地第一折返場 - 武蔵高萩駅
  • H06-1系統 武蔵高萩駅 → 高麗川団地第一折返場 → こま川団地循環
  • H07系統 高麗川駅 - 高麗川団地第一折返場 - 武蔵高萩駅
  • H08系統 高麗川駅 - 高麗川団地第一折返場 - 高麗川団地第二折返場
  • H08-1系統 高麗川駅 → 高麗川団地第一折返場 → こま川団地循環
  • H10系統 飯能駅北口 - 飯能靖和病院 - メッツァ - 高麗川団地第一折返場 - 武蔵高萩駅
  • H10-1系統 飯能駅北口 - 飯能靖和病院 - メッツァ - 宮沢湖温泉 - 高麗川団地第一折返場 - 武蔵高萩駅
  • H10-2系統 飯能駅北口 ← 飯能靖和病院 ← (メッツァ通過) ← 高麗川団地第一折返場 ← 武蔵高萩駅
  • H13系統 飯能駅北口 - 飯能靖和病院 - (メッツァ・宮沢湖温泉通過) - 高麗川団地第一折返場 - 高麗川団地第二折返場
  • m01系統 飯能駅北口 - (直行) - メッツァ(西武バス飯能営業所・西武バス狭山営業所・国際興業バス飯能営業所と共同運行)
  • m02系統 東飯能駅東口 - (直行) - メッツァ(西武バス飯能営業所・西武バス狭山営業所・国際興業バス飯能営業所と共同運行)

都幾川営業所[編集]

ときがわ町路線バス[編集]
  • と01系統 武蔵嵐山駅西口 - 玉川工業団地入口 - ときがわ町役場本庁舎 - 明覚駅 - せせらぎバスセンター
  • と02系統 武蔵嵐山駅西口 - 鎌形 - ときがわ町役場本庁舎 - 十王堂前 - せせらぎバスセンター
  • と03系統 せせらぎバスセンター - 慈光寺入口 - 竹の谷 
  • と04系統 せせらぎバスセンター - 慈光寺入口 - 椚平 -日向根 
  • と05-1系統 せせらぎバスセンター - 本郷上 - 都幾川四季彩館
  • と05-2系統 越生駅東口 - チサン霊園前 - せせらぎバスセンター 
  • と06系統 日赤病院前 - 小川町駅 - 日影 - せせらぎバスセンター 
  • と07系統 せせらぎバスセンター - 慈光寺入口 - 慈光寺
東秩父村路線バス[編集]
  • W01系統 小川町駅 - 和紙の里 - 東秩父村役場入口 - 皆谷 - 白石車庫
  • W02系統 小川町駅 - 和紙の里
  • W03系統 寄居駅 - 鉢形城歴史館前 - 和紙の里 ※2016年10月1日、東秩父村村営バスを引き継ぎ、運行開始。

コミュニティバス[編集]

川越シャトル[編集]

川越市コミュニティバス川越シャトル」11系統を運行受託している。その他の系統は西武バス、東武バスウエストが受託する[5]

高速路線[編集]

川越 - 羽田空港線

廃止路線[編集]

高速バス「ムーンスター号」

一般路線[編集]

  • 03系統 森林公園駅 - 宮前小学校 - 花見台工業団地
  • 10系統 森林公園駅 - 滑川町役場 - 花見台工業団地
  • 嵐02系統 武蔵嵐山駅東口 - 役場入口 - 花見台工業団地南入口 - 管理センター前
  • R05系統 武蔵嵐山駅東口 - 玉ノ岡中学校 - 花見台工業団地南入口 - 嵐山郷 - 県立循環器・呼吸器病センター (県立循環器・呼吸器病センター行のみ運行)
  • R06系統 武蔵嵐山駅東口 - 嵐山町役場 - 花見台工業団地南入口 - 嵐山郷 - 県立循環器・呼吸器病センター
  • R08系統 [嵐山町市内循環] 武蔵嵐山駅東口 - 平沢西 - 武蔵嵐山駅西口 - 武蔵嵐山駅東口
  • H01系統 飯能駅北口 - 峠口 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅
  • H02系統 飯能駅北口 - 峠口 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H03系統 高萩駅 - ひだか団地
  • H04系統 高麗川駅 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H05系統 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H09系統 高萩駅 - 日高市役所 - 埼玉医大保健医療学部 → 埼玉医大国際医療センター - 日高市役所 - 高萩駅
  • H09系統 高麗川団地第一折返場 - 日高市役所 - 埼玉医大保健医療学部→埼玉医大国際医療センター - 日高市役所 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H11系統 飯能駅北口 - 飯能靖和病院 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H11-1系統 飯能駅北口 - 飯能靖和病院 - 宮沢湖 - 宮沢湖温泉 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • H11-2系統 飯能駅北口 ← 飯能靖和病院 ← (宮沢湖通過) ← 高麗川団地第一折返場 ← 高萩駅 ← ひだか団地
  • と01-1系統 武蔵嵐山駅西口 - 玉川工業団地入口 - - ときがわ町役場本庁舎 - ときがわ町役場入口 - 明覚駅 - せせらぎバスセンター
  • と02-1系統 武蔵嵐山駅西口 - 鎌形 - ときがわ町役場本庁舎 - 十王堂前 - せせらぎバスセンター
  • と05-3系統 越生駅 - チサン霊園 (季節運行,途中無停車)
  • O01系統 小川町駅 - 東秩父村役場入口
  • O02系統 小川町駅 - 東秩父村役場入口 - 皆谷

高速路線[編集]

グループ企業[編集]

  • イーグルトラベル株式会社 - 旅行業
  • 株式会社イデア総合研究所 - システム開発
  • イメディカ株式会社
    • 所在地:埼玉県川越市中原町
    • 設立:1997年
    • 資本金:1500万円
    • 事業内容:人材派遣業・介護事業
    • 自家用自動車管理請負業(従業員送迎バス運転手・幼稚園児送迎バス運転手・役員運転手等の派遣と運行管理)、介護サービス事業(訪問介護デイサービス・居宅介護支援事業所「ソレイユ」(埼玉県川越市今福)の経営)を行っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b イーグルトラベル株式会社
  2. ^ 「地方バス再生 ITで脱勘頼み/イーグルバス ダイヤ・ルート柔軟対応/観光地周辺にハブ停留所 ツアー含め乗客増」日経産業新聞、2015年10月5日(3面)
  3. ^ a b 交通系ICカード「PASMO」サービス開始について”. イーグルバス (2020年2月3日). 2020年5月18日閲覧。
  4. ^ バス路線一部廃止のお知らせ イーグルバス、2016年12月12日、2016年12月15日閲覧。
  5. ^ 市内循環バス「川越シャトル」時刻表・ルート案内 川越市公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]