加曽利貝塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加曽利貝塚(2008年10月13日撮影)

加曽利貝塚(かそりかいづか)は、千葉県千葉市若葉区桜木8丁目にある縄文時代貝塚である。世界でも最大規模の貝塚であり、学史上でも著名な標式遺跡としても知られる。 1971年昭和46年)に北貝塚が、1977年(昭和52年)に南貝塚が国の史跡に指定された。北貝塚のE地点の土器は、縄文中期後半の加曽利E式、南貝塚のB地点の土器は、縄文後期後半の加曽利B式として編年の指標となる土器と位置づけられている。

概要[編集]

加曽利貝塚遺跡は、千葉市内を東西に流れる都川の支流である坂月川を北に2キロメートルほど遡った西側(右岸)の東西約500メートル、南北約800メートルの舌状台地上にあり、その台地は西側が平坦部で、東側に向かって緩やかに傾斜している。貝塚を含む地層は台地の東側縁辺に東西300メートル、南北400メートルにわたって分布している。

加曽利貝塚は、直径約130メートルの北貝塚と、長径約170メートルの南貝塚が連結し、全体としては8の字形となる特異な形状をしている。面積は約13.4ヘクタールで世界でも最大規模の貝塚である。現在、敷地は加曽利貝塚公園として管理されており、千葉市立加曽利貝塚博物館が設置されている。貝塚周辺の一帯には縄文中期の小型貝塚や住居跡が広く分布している。

この場所では約7000年前の住居跡が発見されているが、当時の貝塚は残されていない。巨大な貝塚が作られ始めたのは約5000年前の縄文中期である。加曽利北貝塚は縄文中期(約5000~4000年前)に作られたものである。初期には小規模な貝塚と住居があったが、後にその上に直径約130メートルのドーナツ形の貝塚が約1000年かけて作られた。縄文後期になると北貝塚は利用されなくなり、その南側に南貝塚が作られ始めた。加曽利南貝塚は縄文後期(約4000~3000年前)のもので、約1000年かけて長径約170メートルの馬蹄形の貝塚が作られた。イヌの骨が人間とともに葬られていることが確認され、話題を呼んだ。

発見と保存[編集]

北貝塚貝層断面
南貝塚貝層断面(右)、小山を「切通し」として保存

加曽利貝塚は、1887年明治20年)の上田英吉の「下総国千葉郡介墟記」(東京人類学会雑誌2-19)によって学会に初めて紹介された。1907年(明治40年)、東京人類学会の調査によって「本邦第一の貝塚」であることが確認された。

1963年(昭和38年)頃、加曽利貝塚のある土地を東洋プレハブ工業が買収して整地作業を開始し、南貝塚の一部を破壊した。これを機に保存運動が高まっていった。1964年(昭和39年)3月18日、千葉市は北貝塚の5ヘクタール余りの用地を買収して公園として整備することとし、1966年(昭和41年)11月24日に千葉市立加曽利貝塚博物館が開館した。その後1972年にかけて南貝塚の土地も買収され、1971年(昭和46年)3月22日に北貝塚が「加曽利貝塚」として国の史跡に指定され、1977年(昭和52年)には南貝塚が追加指定されて貝塚のほぼ全域が保存されることとなった。2017年(平成29年)10月13日貝塚として初めて国の特別史跡に指定された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞2017年10月14日33ページ地域千葉13S版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分24秒 東経140度9分53秒 / 北緯35.62333度 東経140.16472度 / 35.62333; 140.16472