タール (弦楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランのタール
タールを演奏する女性。ハシュト・ベヘシュト宮殿壁画。イランイスファハン1669年)。

タール(تار、tar)はイランアゼルバイジャングルジアアルメニアその他のカフカース地方で見られる長いネックのリュート属の楽器である。「タール」とはペルシア語で弦をさす。18世紀中ごろ現在の形になったといわれる。桑の木を切り分けて2つの椀をあわせた型をしており、表面は羊の皮を伸ばした薄い膜でおおわれている。25から28のフレットと、3対の弦があり、真鍮のピックで演奏される。