秋ひとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋 ひとみ
出生名 中間 日登美
生誕 (1958-10-17) 1958年10月17日(59歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
学歴 住吉学園高等学校 卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
職業 歌手タレント
活動期間 1976年 - 1981年
レーベル ユニオン
事務所 -
共同作業者 -

秋 ひとみ(あき ひとみ、1958年10月17日 - )は、日本アイドル歌手タレント。本名は中間 日登美大阪府大阪市住吉区出身。住吉学園高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

1970年代後半から1980年代前半に活躍。当初はアイドル歌手としてユニオンからデビューしたが、その後タレントとして活動。『お笑いマンガ道場』では2代目女性レギュラー解答者を務めた。1982年に“充電”の名目で休養に入ったが、復帰することはなかった。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. アンカレッジ経由パリ行き (1978.04.25) 作詞:仙鉄也 作曲:小杉保夫 編曲:小杉保夫
    (c/w)季節めぐり 作詞:仙鉄也 作曲:小杉保夫 編曲:小杉保夫
  2. 幸せルージュをつけなさい (1978.08.25) 作詞:さいとう大三 作曲:小杉保夫 編曲: 若草恵
    (c/w)ふたり坂 作詞:さがらよしあき 作曲:小杉保夫 編曲: 若草恵
  3. さよならによろしく (1979.02.25) 作詞:喜多條忠 作曲:中山大三郎 編曲: 若草恵
    (c/w)キャンパスの想い出 作詞:喜多條忠 作曲:中山大三郎 編曲: 若草恵
  4. サマー・メランコリー (1979.07.25) 作詞:有川正沙子 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利
    (c/w)シーサイド・ファラウェイ 作詞:喜多條忠 作曲:小杉保夫 編曲:若草恵
  5. さよならファンキー・ボーイ (1979.11.05) 作詞:竜真知子 作曲:加瀬邦彦 編曲:船山基紀
    (c/w)20才のリクエスト 作詞:竜真知子 作曲:加瀬邦彦 編曲:船山基紀
  6. 哀愁BOY (1980.03.25) 作詞:高梨めぐみ 作曲:高梨めぐみ 編曲:若草恵
    (c/w)折鶴はとべません 作詞:矢玉四郎 作曲:丹羽応樹 編曲:若草恵
  7. 愛のめまい (1980.10.25) 作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:竜崎孝路
    (c/w)変身 作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:竜崎孝路

アルバム[編集]

  • メランコリー'79 (1979.08.25) 
SIDE A
1. サマー・メランコリー 2. 恋人たちの場所 3. シーサイド・ファラウェイ 4. ジャニスの部屋 5. キャンバスの想い出 6. ふたり坂
SIDE B
1. さよならによろしく 2. アンカレッジ経由パリ行き 3. 幸せルージュをつけなさい 4. 美濃路くれない 5. 季節めぐり 6. 春のモノローグ
  • 想い (1980)
SIDE A
1.想い 2.夕陽でワルツ 3.ひとりにしといて 4.愛のめまい 5.今さら東京 6.ナイス・フィーリング
SIDE B
1.手紙 2.ジャマイカン・トマト 3.哀愁BOY 4.変身 5.夏にはぐれて 6.ひとりですか
  • 秋ひとみ ゴールデン☆ベスト(2013.05.22)
1.アンカレッジ経由パリ行き 2.季節めぐり 3.幸せルージュをつけなさい 4.ふたり坂 5.さよならによろしく 6.キャンパスの想い出 7.サマー・メランコリー 8.シーサイド・ファラウェイ 9.さよならファンキー・ボーイ 10.20才のリクエスト 11.哀愁BOY 12.折鶴はとべません 13.愛のめまい 14.変身 15.ジャマイカン・トマト 16.夏にはぐれて 17.今さら東京 18.春のモノローグ 19.ジャニスの部屋 20.ひとりですか 21.ナイス・フィーリング

出演[編集]

テレビ[編集]

 第21話「非常線突破」 - 獣医助手 第34話「野獣を撃て」- 北田看護婦

 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 - 秋本・カトリーヌ・麗子

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 松下電器産業 ナショナル ミノックスフィルム専用ラジカメ(1978年~1979年)
  • 松下電器産業 ナショナル 私の小さな美容室(1980年)
  • HONDA ミニバイク・ハミング(1980年6月~)
  • 花王 エッセンシャルシャンプー(1980年~1981年)

関連項目[編集]