ミニヨン (大貫妙子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミニヨン
(Mignonne)
大貫妙子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル RCA / RVC
プロデュース 小倉エージ
大貫妙子 アルバム 年表
SUNSHOWER
1977年
ミニヨン
1978年
ROMANTIQUE
1980年
『ミニヨン』収録のシングル
テンプレートを表示

ミニヨン』(Mignonne)は、1978年9月21日にRVC(現Ariola Japan)から発売された大貫妙子の3枚目のスタジオ・アルバムである。

概要[編集]

プロデュースに音楽評論家小倉エージを迎えて制作された。RVC移籍第1弾で、大々的なプロモーションが行われたことから、大貫自身はヒットするものと思っていたが、全然売れなかったと述懐している[1]。もっとも後述のように、「横顔」、「突然の贈りもの」など収録曲が多くのアーティストによりカバーされることになる。

移籍以前は、「都会」や「誰のために」など現在の格差社会を予見したような社会性の強い作品だったが、「ミニヨン」は、日本女性の特徴とされていた控えめさ,奥ゆかしさをテーマにした内面性の強い作品だった(「じゃじゃ馬娘」はそのアンチテーゼ)。

タイトルの「ミニヨン」は、フランス語で「かわいい女の子」という意味。

曲目[編集]

全曲作詞・作曲:大貫妙子

  1. じゃじゃ馬娘
  2. 横顔
    • 編曲:瀬尾一三
  3. 黄昏れ
  4. 空をとべたら
    • 編曲:瀬尾一三
  5. 風のオルガン
    • 編曲:瀬尾一三
  6. 言いだせなくて
    • 編曲:坂本龍一
  7. 4:00A.M.
    • 編曲:坂本龍一
  8. 突然の贈りもの
    • 編曲:坂本龍一
  9. 海と少年
    • 編曲:坂本龍一
  10. あこがれ
    • 編曲:瀬尾一三

再発など[編集]

  • CD発売 - 1989年11月21日
  • CD再発 - 1994年10月21日
  • CD再々発 - 1999年6月23日
  • リマスターCD発売(本人監修) - 2008年1月23日
  • LP再発 - 2018年5月23日

カバーなど[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージック・ステディ』1983年3月号「大貫妙子徹底研究」所載のインタビューによる。