to U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
to U
Bank Bandシングル
初出アルバム『沿志奏逢2
B面 生まれ来る子供たちのために
to U (Piano Version)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 櫻井和寿小林武史
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間23位(オリコン)
Bank Band シングル 年表
to U
2006年
はるまついぶき
2007年
テンプレートを表示

to U」(トゥー ユー)は、Bank Bandの1枚目のシングル2006年7月19日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

Bank Bandとしてアルバム1枚を発売し、ライブの開催などを行っていたが、シングルの発売は初となった。バンド初のオリジナル楽曲の発売となる。

Salyuの2枚目のアルバム『TERMINAL』およびベストアルバム『Merkmal』には、Salyuによるソロバージョン「to U (Salyu version)」が収録されている。

収録曲[編集]

  1. to U
    TBS系『筑紫哲也 NEWS23』テーマソング(2005年3月28日 - 2008年3月28日
    Mr.Children名義の作品で作曲が共作であるものは存在するが、それぞれを2人が担当する組み合わせは初となる。
    タイトルの「to U」の「U」は「you」(あなた)と「Universe」(全世界)のダブルミーニングがあり、曲の世界観のスケールの大きさとそのメッセージが個人のレベルにまで浸透していくストーリーを端的に表している。
    当初はLily Chou-Chouプロジェクトを終えたSalyuが単独で仮歌を歌っていたが、後に櫻井が歌詞を書き加えた上で自らもボーカルに参加し、櫻井とSalyuのデュエット形式で歌われている。そのためこの曲の名義はBank Band with Salyuとなっている。
    ap bank fesのコンセプトソングにもなっており、イベントの最後には当日の出演者ほぼ全員で歌うことになっているが、2010年は出演者全員での披露が行なわれなかった代わりに櫻井とSalyuのデュエットで披露された。
    『筑紫哲也 NEWS23』では番組オープニングとして本作には収録されていないSalyuのスキャットが入るアップテンポにしたアレンジインストゥルメンタルバージョン(金曜日はCD収録のピアノバージョン)、2006年9月25日のリニューアル以降は別アレンジのバージョンが使用されていた。エンディング(月曜と金曜は第1部のエンディング)では当初はオリジナル、月曜日「マンデープラス」と金曜日「金曜深夜便」のエンディングおよび2006年9月のリニューアル以降の全曜日でピアノバージョンが使用された。2005年5月2日のマンデープラス枠にて同曲が披露されている。
    当時は番組とap bankのためだけに書き下ろしたという理由ですぐにはCD化されず、発表から約1年4ヶ月の時を経て正式に音源化されたことから、そのため発表当時の音源とは微妙に異なっている。
    2006年12月28日放送のTBS系『クリスマスの約束2006』で小田和正松たか子とのデュエットでこの曲をカバーしているほか、2010年8月7日放送のフジテレビ系『MUSIC FAIR』ではSalyuとCHEMISTRYPerfumeの3組によるコラボレーションで演奏された。
  2. 生まれ来る子供たちのために
    日本テレビ系『ドラマ・コンプレックス』終戦六十年スペシャルドラマ『火垂るの墓 -ほたるのはか-』エンディングテーマ
    オフコースの楽曲「生まれ来る子供たちのために」のカバーでライブ「BGM Vol.2」でも演奏されている。その際の映像はDVD化もされたが、ドラマタイアップが決定したことを受けて新たにスタジオレコーディングされた。
    CD化される前にiTunes Storeのみで2005年11月2日から11月30日までの期間限定で配信された。
  3. to U (Piano Version)
    • 作曲:小林武史
    ピアノによるインストとなっている。

ap bank fesで「to U」を歌ったアーティスト[編集]

上記の通りap bank fesでは2005年の第1回よりフェスの最後にほぼ全員で歌う事になっている(2010年は行なわれなかった)。三日間(2007年は台風により1日だけの開催)違うアーティストが参加することから毎日「to U」を歌うアーティストが変わるため、ap bank fesの模様を収めたDVDでは三日間披露されたものを組み合わせて収録している。演奏は小林とMr.Childrenのメンバーが担当するほか、2006年から2009年までは曲の最初にKREVAGAKU-MCによるラップが加わっていた(09年はGAKU-MCのみ)。

  • ap bank fes'12
    • 櫻井和寿、andymori(みちのく)、Salyu(つま恋、淡路島、みちのく)、スガシカオ(つま恋、みちのく)、藤巻亮太(レミオロメン)(つま恋、みちのく)、JASON MRAZ(つま恋)、JUJU(つま恋)、持田香織(Every Little Thing)(つま恋)、Crystal Kay(つま恋)、ホリエアツシ(ストレイテナー)(つま恋)、ナオト・インティライミ(つま恋、淡路島、みちのく)、小田和正(つま恋)、MONKEY MAGIC(つま恋)、平井堅(つま恋)、常田真太郎(スキマスイッチ)(みちのく)、大橋卓弥(スキマスイッチ)(みちのく)、大木 伸夫 (ACIDMAN ) (みちのく)

外部リンク[編集]