グローリー・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グローリー・ロード
Glory Road
監督 ジェームズ・ガートナー
脚本 クリストファー・クリーヴランド
ベティナ・ジロイス
製作 ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 チャド・オマン
マイク・ステンソン
アンディ・ギヴン
出演者 ジョシュ・ルーカス
デレク・ルーク
ジョン・ヴォイト
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 ジェフリー・L・キンボール
ジョン・トゥーン
編集 ジョン・ライト
製作会社 ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 2006年1月13日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $42,938,449[1]
テンプレートを表示

グローリー・ロード』(原題:Glory Road)は、2006年アメリカ映画ジョシュ・ルーカス演じるドン・ハスキンズの自叙伝を映画化。

ストーリー[編集]

舞台は1960年代アメリカ。白人至上主義で、大学バスケットボールの試合では、黒人はホームで1人、アウェイで2人、負けているときで3人しか出場させないという暗黙のルールがあった。

ドン・ハスキンズは、エルパソにあるテキサス・ウエスタン大学のバスケットボールチームのヘッドコーチに就任した。資金が少なく、有能な白人選手をスカウトすることができなかったので、ニューヨークインディアナなどアメリカ各地から有能な黒人選手を7人スカウトした。その7人は、ボビー・ジョーデイヴィッド・ラティンオースティン・アーティスハリー・フローノイウィリー・ワーズリーウィリー・ケイジャーネヴィル・シェッドだ。結果、テキサス・ウエスタン大マイナーズは白人5人、黒人7人からなるチームとなった。

ハスキンズは、派手で自分勝手なプレーを禁止し、基本に忠実なディフェンス主体のバスケットをすることと、女遊びや酒、夜更かしをせず、常にバスケットのことを考えることを選手たちに命じた。彼は選手たちを厳しく指導し、ときにはペナルティを与えた。

そしてシーズン開幕戦。イースタン・ニューメキシコ大学との対戦で、ハスキンズは、黒人選手3人を先発に起用する。試合序盤は勝手なプレーやミスが目立ったが、最終的には、4点差で勝利した。そこからマイナーズの快進撃が始まる。17戦を終え、17勝0敗と全米ランキング4位に入り、チームの士気が高まっていた。

そんなある日、遠征先のレストランのトイレで、シェッドが1人になったところを白人3人に襲われた。黒人選手たちが恐怖感を抱く中、今度はホテルの黒人選手の部屋が荒らされる。壁に血で文字を書かれ、荷物もめちゃくちゃにされていた。試合に勝つにつれて、罵声や嫌がらせが酷くなっていった。そのような状況の中でのシーズン最終戦。シアトル大学との対戦、勝利すればランキング1位となる大事な試合だったが、白人を恐れた黒人選手が委縮し自分勝手なプレーをして、シーズン初の敗北となった。

地区決勝。対戦相手は、全米代表ジョー・ジョー率いるカンザス大学だった。試合は、ボビー・ジョーとジョー・ジョーのガード対決となり、まずジョー・ジョーを止めなければならないということで、ハスキンズは、ジェリー・アームストロングにジョー・ジョーを止めるよう指示。後半アームストロングがジョー・ジョーを抑え、残り7秒でカンザス大学が2点リード。自陣のゴール下からロングパスを出し、ラティンがキャッチ、ボビー・ジョーがパスをもらいシュート、そのボールをケイジャーがアリウープで決め、同点に追いつき延長戦へ。残り時間僅かで同点、マイナーズのオフェンス、今度はラティンのアリウープが決まりマイナーズの勝利と思われたが、ラティンがゴールにぶら下がったと判断されテクニカル・ファウルを取られ、ゴールは認められるが相手にフリースローを2本与えてしまう。2本ともジョー・ジョーに決められ、再度延長戦へ。アーティスのマークが弱いので、そこから攻めるようハスキンズは指示。そして、マイナーズ1点リードで残り10秒を切り、カンザス大学のオフェンス、ジョー・ジョーのシュートが決まり、カンザス大学が勝利と思われたが、シュート前にサイドラインを踏んでいたので、得点は無効となり、マイナーズが勝利した。23勝1敗という成績で決勝へと駒を進めた。

NCAAトーナメント決勝。相手は、今世紀最高のコーチと称され、優勝経験も4度あるアドルフ・ラップコーチ率いるケンタッキー大学。ケンタッキー大学は、ルイ・ダンピアパット・ライリーの2人の全米代表を擁するチーム。試合前夜、ハスキンズは選手たちを試合会場に呼び出し、決勝では黒人選手7人のみで戦うことを伝えた。先発5人全員が黒人選手は前例がなかった。試合前、ハスキンズは、ラティンにまずダンクを決めろと指示を出し、ラティンはライリーの上からダンクを決めてみせた。試合序盤、リバウンドの要のフローノイが怪我をし、ラティンは、ファウルトラブルでベンチに下がることを余儀なくされ、戦力ダウンしてしまう。相手の有利になった状況で、ボビー・ジョーの2本のスティールから同点に追いつき、前半はマイナーズリードで終える。後半、ファウル3つのラティンを戻すもケンタッキー大学が勢いづき逆転されてしまう。そんな状況でラティンが4つ目のファウルを犯してしまい、またしてもベンチに下がる。残り10分でケンタッキー大学が8点リード。ハスキンズは、ボビー・ジョーに1人ではなく、全員で戦うよう指示を出し、得点を重ねる。残り2分でマイナーズが3点リード、ラティンを戻す。残り18秒でケンタッキー大学のオフェンス、ボビー・ジョーがスティールしラティンがダンクを決め、72対65で試合終了。マイナーズが新たな全米チャンピオンになった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ドン・ハスキンズ ジョシュ・ルーカス 森田順平
ボビー・ジョー・ヒル デレク・ルーク 小松史法
ジェリー・アームストロング オースティン・ニコルズ
アドルフ・ラップ ジョン・ヴォイト 佐々木梅治
モー・イバ エヴァン・ジョーンズ
デイヴィット・ラティン スヒン・A・S・カー
オースティン・アーティス アルフォンソ・マコーリー
ハリー・フローノイ メカッド・ブルックス
ウィリー・ワーズリー サム・ジョーンズ3世 奈良徹
ウィリー・ケイジャー ダメイン・ラドクリフ
メアリー・ハスキンズ エミリー・デシャネル
ネヴィル・シェッド アル・シアラー
トーゴ・ライリー キップ・ウィークス
ディック・マイヤー ミッチ・イーキンズ
デイヴィッド・パラシオ アレハンドロ・D・エルナンデス
ルイス・ボードイン

参考文献[編集]

  1. ^ Glory Road” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]