インプレッションズ (音楽グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リード・ヴォーカルのカーティス・メイフィールド

ジ・インプレッションズThe Impressions)は1958年結成のシカゴ出身の音楽グループで、ドゥーワップゴスペル、ソウル、R&Bを歌った。

前身はチャタヌガのザ・ルースターズ。シカゴに引っ越し、ジェリー・バトラーカーティス・メイフィールドが加入し、ジェリー・バトラー&ジ・インプレッションズとなった。

バトラーが独立後、ABC-パラマウント・レコードに移籍し、メイフィールドらでトップ・バンドになる。1970年にメイフィールド独立。リロイ・ハトソンなどが入った。

1960年代の一連のヒット曲で知られ、後にロックの殿堂入り。彼らの曲は1960年代のアフリカ系アメリカ人公民権運動アンセムとなった[1]。1998年、「ピープル・ゲット・レディ」がグラミーの殿堂英語版に入った。

歴史[編集]

初期[編集]

1950年代半ばにバトラーとカーティスがシカゴ聖歌隊で出会う。二人はいろんな地元バンドで歌った後"The Roosters"に1957年加入[2]。1958年、エディー・トーマスがマネージャーになり、ヴィージェイ・レコードと契約。"Jerry Butler & the Impressions"となる。

バトラーが書いた1958年のシングル「フォー・ユア・プレシャス・ラブ」はポップで11位、R&Bで3位になる[3]

R&Bでトップ30になった"Come Back My Love"の後バトラーが独立。カーティスが引き継ぐ[2]

ABC-パラマウントでの成功[編集]

メイフィールドはバトラーの初期のヒット群を書き、印税でシカゴに引っ越した。ABC-パラマウントと1961年に契約、インプレッションズ単独で初のシングル「ジプシー・ウーマン」を発表、R&B2位、ポップ20位となった[3]

その後、プロデューサーのジョニー・ペイトと組んでサウンドを刷新し、「イッツ・オールライト」が1963年にミリオン、ポップで4位となった[3]。1963年の最初のLPThe Impressionsの終曲になった。1964年に黒人の誇りの応援歌「キープ・オン・プッシング」がヒット。社会意識・政治意識を持つ歌が増えた。1965年、「ピープル・ゲット・レディ」がヒット。

社会意識[編集]

1967年12月に発表した「ウィアー・ア・ウィナー」は翌年、ビルボードR&Bチャートの1位を記録した[4]。1968年、"I Loved and Lost" を発表し、メイフィールドは自分の会社カートム(Curtom)を立ち上げ、インプレッションズも所属[2]。メッセージ・ソング"Choice of Colors" (1969) 、"Check Out Your Mind" (1970)のヒットが続いた。

インプレッションズはジャマイカボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズスカ/ロックステディの集団・歌手に影響を与えた。ザ・ウェイラーズはハーモニーのスタイルをインプレッションズに負い、 "One Love/People Get Ready" (Bob Marley / Curtis Mayfield) 、"Keep On Moving", "Long Long Winter"、"Just Another Dance"でインプレッションズをカバー(もしくは引用)した。Pat Kellyは "Soulful Love"を、The Heptonesは"I've Been Trying"をカバー。ハーモニーともども社会的な歌詞が彼らにアピールしたのだと考えられる。

メイフィールド独立[編集]

Check Out Your Mind LPを1970年に発表後、メイフィールドがソロになり、映画『スーパーフライ』のサウンドトラックが最も売れ、映画『愛しのクローディン』、『スパークル英語版』のサウンドトラック英語版、映画シドニー・ポワチエ/ピース・オブ・アクション英語版サントラ英語版もやった。その間もインプレッションズの曲の作曲・制作はしていた。

メイフィールドの後釜はリロイ・ハトソンだったが、あまり成功せず、ハトソンは1973年脱退[2]

後期[編集]

代わりにラルフ・ジョンソンとレジー・トリアンが入り[2]、1974年1975年に"Finally Got Myself Together (I'm a Changed Man)"、"Same Thing it Took"、"Sooner or Later"が大ヒット。1976年、グループはCurtomを去りコティリオン・レコーズと契約。最後のヒット"Loving Power"が出た。

その後20th Century Recordsと契約するも鳴かず飛ばず。[5][6]ずいぶんのちの2001年、エリック・クラプトンのアルバムレプタイルに参加した。

1991年にロックの殿堂、2003年にヴォーカル・グループの殿堂入り[7] [6][8]

メンバー[編集]

盤歴[編集]

アルバム[編集]

アルバム名 チャート(位)[3] 発売元
US
Pop
US
R&B
1963 The Impressions 43 ABCパラマウント・レコード
1964 The Never Ending Impressions 52
Keep on Pushing 8 4
1965 ピープル・ゲット・レディPeople Get Ready 23 1
One by One 104 4
1966 Ridin' High 79 4
1967 The Fabulous Impressions 184 16 ABC
1968 We're a Winner 35 4
This Is My Country 107 5 Curtom
1969 The Versatile Impressions ABC
The Young Mods' Forgotten Story 104 21 Curtom
1970 Check Out Your Mind! 22
1972 Times Have Changed 192
1973 Preacher Man 204 31
1974 Finally Got Myself Together 176 16
1975 First Impressions 115 13
1976 Loving Power 195 24
1976 It's About Time Cotillion Records
1979 Come to My Party Chi-Sound
1981 Fan the Fire
"—" denotes the album failed to chart

シングル[編集]

シングル名 チャート(位)[3]
US
Pop
US
R&B
UK Singles Chart[9]
1958 "For Your Precious Love" (as Jerry Butler & The Impressions) 11 3
"Come Back My Love" (The Impressions featuring Jerry Butler) 29
1961 "Gypsy Woman" 20 2
1962 "Grow Closer Together" 99
"Little Young Lover" 96
"Minstrel and Queen" 113
1963 "I'm the One Who Loves You" 73
"Sad, Sad Girl and Boy" 84
"It's All Right" 4 1
1964 "Talking About My Baby" 12 *
"I'm So Proud" 14 14
"Keep on Pushing" 10 *
"You Must Believe Me" 15 *
"Amen" (A-Side) 7 *
1965 "Long, Long Winter" (B面) 35
ピープル・ゲット・レディ」 "People Get Ready" (A面) 14 3
"I've Been Trying" (B面) 133 35
"Woman's Got Soul" 29 9
"Meeting Over Yonder" 48 12
"I Need You" (A面) 64 26
"Never Could You Be" (B面) 35
"Just One Kiss from You" 76
"You've Been Cheatin'" 33 12
1966 "Since I Lost the One I Love" 90
"Too Slow" 91
"Can't Satisfy" 65 12
1967 "You Always Hurt Me" 96 20
"You've Got Me Runnin'" 50
"I Can't Stay Away from You" 80 34
"We're a Winner" 14 1
1968 "We're Rolling On (Part 1)" 59 17
"Fool for You" 22 3
"I Loved and I Lost" 61 9
"This Is My Country" 25 8
"Don't Cry My Love" 71 44
1969 "My Deceiving Heart" 104 23
"Seven Years" 84 15
"Choice of Colors" 21 1
"Say You Love Me" 58 10
1970 "Amen (1970)" (A-Side) 110 44
"Wherever She Leadeth Me" (A-Side) 128 31
"Check Out Your Mind" 28 3
"(Baby) Turn on to Me" 56 6
1971 "Ain't Got Time" 53 12
"Love Me" 94 25
1972 "This Loves for Real" 41
1973 "If It's in You to Do Wrong" 26
1974 "Finally Got Myself Together (I'm a Changed Man)" 17 1
"Something's Mighty, Mighty Wrong" 28
1975 "Sooner or Later" 68 3
"Same Thing It Took" 75 3
"Loving Power" 103 11
"First Impressions" 16
1976 "Sunshine" 36
"This Time" 40
1977 "You'll Never Find" 99
"Can't Get Along" 42
1981 "For Your Precious Love" (再録版) 58
1987 "Can't Wait 'Til Tomorrow" 91
"—" denotes the single failed to chart
  • * 1963年11月30日~1965年1月23日までビルボードはR&Bチャートを載せなかった(または作成しなかった)。

参照[編集]

  1. ^ Rohter, Larry. “Recalling Curtis Mayfield, Soul's 'Genius of Gentleness'”. New York Times. 2015年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e Huey, Steve. “The Impressions Biography”. 2014年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e The Impressions - Awards”. allmusic.com. 2014年5月3日閲覧。
  4. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 272. 
  5. ^ Impressions”. Soulmusichq.com. 2011年11月8日閲覧。
  6. ^ a b Soul Music HQ The Drifters”. Soulmusichq.com. 2011年11月8日閲覧。
  7. ^ williekitchens.com”. williekitchens.com. 2011年11月8日閲覧。
  8. ^ The Impressions "Rhythm!" b/w "Star Bright"”. Daptone Records. 2013年7月11日閲覧。
  9. ^ The Impressions UK chart history”. chartarchive.org. 2014年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]