リアン・ライムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアン・ライムス
LeAnn Rimes
LeAnn Rimes Yahoob.jpg
リアン・ライムス(2009年)
基本情報
出生名 Margaret LeAnn Rimes
別名 LeAnn Rimes Cibrian[1]
生誕 (1982-08-28) 1982年8月28日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州ジャクソン
ジャンル カントリーポップ
職業 歌手ソングライター女優作家
活動期間 1991年 -
レーベル Curb Records、RCAレコード
公式サイト www.leannrimesworld.com

リアン・ライムスLeAnn Rimes、本名 Margaret LeAnn Rimes、1982年8月28日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州ジャクソン出身のカントリー歌手である。テキサス州ガーランドダラス郊外)で育つ。

略歴[編集]

リアン・ライムスはわずか13歳にして初のシングル「Blue」(ビル・マックのカバー)を発表。同曲はグラミー賞ベスト・カントリー・ボーカル(女性)部門を受賞し、リアンはグラミー最優秀新人賞も受賞。

ハウ・ドゥ・アイ・リヴ (How Do I Live) 」はビルボードチャートにおいて69週間ランクインし、アメリカ音楽史上最も成功した曲の一つとなった。

2000年公開の映画『コヨーテ・アグリー』に楽曲「キャント・ファイト・ザ・ムーンライト (Can't Fight the Moonlight) 」を提供&出演。主人公が唄う全ての曲の吹替も担当。

2002年ソルトレイクシティオリンピックのテーマソングを開会式で歌う歌手に選ばれた。

私生活[編集]

2001年12月14日に、ダンサー俳優のディーン・シェレメット (Dean Sheremet) と婚約する。

2002年2月23日に結婚し、テネシー州ナッシュビルに住む。

2009年9月1日、自身の公式サイトで、夫であるディーンとの離婚を発表。

2010年6月19日、正式に離婚が成立する。

2010年12月27日に、俳優のエディ・シブリアン (Eddie Cibrian) と婚約する。

2011年4月22日に、カリフォルニア州にある自宅にて結婚する。

自身のTwitterのアカウント名とInstagramの名前を「リアン・ライムス・シブリアン (LeAnn Rimes Cibrian)」へと改めている。

2005年から現在まで[編集]

2005年2月25日に新しいアルバム『ディス・ウーマン』を発表した。このアルバムの販売数は60万枚を越えここ5年間で最高の売上を上げた。シングルの売上に関してでは、リアン・ライムスのデビュー以来最高の売上を上げた。シングル「Probably Wouldn't Be This Way」はチャート3位に達した。

作家としても活動しており、これまでに4冊の本を出版している。

ディスコグラフィ[編集]

ドイツにあるラムシュタイン空軍基地を慰問するリアン・ライムス

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ブルー』 - Blue (1996年)
  • 『ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ』 - You Light Up My Life: Inspirational Songs (1997年)
  • 『シッティン・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド』 - Sittin' on Top of the World (1998年)
  • 『リアン・ライムス』 - LeAnn Rimes (1999年)
  • 『アイ・ニード・ユー』 - I Need You (2001年)
  • 『トゥイステッド・エンジェル』 - Twisted Angel (2002年)
  • 『ディス・ウーマン』 - This Woman (2005年)
  • Whatever We Wanna (2006年)
  • 『ファミリー』 - Family (2007年)
  • Lady & Gentlemen (2011年)
  • Spitfire (2013年)
  • Remnants (2016年)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live at the Gruene (2019年)

ホリデイ・アルバム[編集]

  • 『ホワット・ア・ワンダフル・ワールド』 - What a Wonderful World (2004年)
  • Today Is Christmas (2015年)

インディー・アルバム[編集]

  • Everybody's Sweetheart (1991年)
  • From My Heart to Yours (1992年)
  • All That (1994年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『アンチェインド・メロディ〜アーリー・イヤーズ』 - Unchained Melody: The Early Years (1997年)
  • I Need You (2001年)
  • 『ゴッド・ブレス・アメリカ』 - God Bless America (2001年)
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (2003年)
  • The Best of LeAnn Rimes (2004年)
  • Dance Like You Don't Give A...Greatest Hits Remixes (2014年)
  • 『オールタイム・グレイテスト・ヒッツ』 - All-Time Greatest Hits (2015年)
  • The Biggest Hits of LeAnn Rimes (2018年)

関連項目[編集]

  • テイラー・スウィフト - 影響を受けたことを公言しており、初めて購入したアルバムが『ブルー』であり、初めて訪れたライブもリアン・ライムスとのこと

脚注[編集]

  1. ^ <https://bookingagentinfo.com> LeAnn Rimes Contact Info

外部リンク[編集]