カーラ・ボノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーラ・ボノフ
Karla Bonoff
Karla Bonoff 2010.jpg
カーラ・ボノフ(2010年)
基本情報
生誕 (1951-12-27) 1951年12月27日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタモニカ
学歴 ユニバーシティー高校
ジャンル フォークロックポップ・ロックソフトロックウェストコースト・ロックAOR
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルアコースティック・ギターピアノ
活動期間 1968年 - 現在
レーベル コロムビア・レコード
Gold Castle Records
ヴァージン・レコード
共同作業者 ブリンドル
ケニー・エドワーズ
リンダ・ロンシュタット
ほか
公式サイト karlabonoff.com

カーラ・ボノフKarla Bonoff1951年12月27日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライターミュージシャン

アメリカ西海岸を代表するシンガーソングライターで、アルバム『ささやく夜』のヒットなどが知られる。来日も数多く、往年のアーティストらとデュオも展開している[1]

経歴・人物[編集]

黎明期[編集]

1951年、南カリフォルニア州において、ユダヤ系の両親の間に生まれる。幼少の頃よりピアノ習い、音楽と関わるようになる。ギターにも興味を持ち、1950年代の代表的フォークグループ「ウィーバーズ」のメンバーだったフランク・ハミルトンに師事して腕を磨く。

プロ活動開始[編集]

盟友ケニー・エドワーズ(2009年)
1968年、実姉とフォーク・デュオを結成しプロ活動を開始するが、シングルデビューまでには至らず解散。その頃に出入りしていたライブハウス『トルバドール』にて[2]、フォークバンド 「ストーン・ポニーズ」で活動していたリンダ・ロンシュタットケニー・エドワーズや、ジャクソン・ブラウンジェームス・テイラー、後にイーグルスを結成する面々等と知り合う。

ブリンドル結成[編集]

その後、ストーン・ポニーズ解散後の1969年、エドワーズはカーラを誘いフォークロックバンド「ブリンドル」を結成した。1970年A&Mレコードと契約し、アルバムの制作に着手。1971年に、待望のデビューシングルを先行して発表する。しかし評判はさほど広がらず、レーベルと方針の違いで衝突して上手くいかなくなり、アルバムリリースは頓挫してバンドは解散してしまう。
エドワーズは、以前の同僚リンダ・ロンシュタットとの仕事に復帰。カーラは再び、アンダーグラウンドでのソロ活動を余儀なくされる。

メジャーデビュー[編集]

リンダ・ロンシュタット(1976年)

1970年代中期、この頃にはトップシンガーの地位を確立していたリンダ・ロンシュタットは、エドワーズの仲人でカーラら旧ブリンドルメンバーと親交を深め、バックアッパーとして起用。1976年アルバムHasten Down the Wind(邦題= 風にさらわれた恋)』の収録曲にカーラ提供の楽曲「Lose Again」「Someone To Lay Down Beside Me」「If He's Ever Near」の3曲を採用する。これで知名度を上げたカーラはメインストリーム浮上のきっかけとなり、コロムビア・レコードと契約[3]

ソロアルバム期[編集]

1977年、エドワーズのプロデュースによるセルフタイトルの1stアルバム『Karla Bonoff(カーラ・ボノフ)』を発表。リンダをはじめ、J.D.サウザーグレン・フライリーランド・スカラー等、これまで縁のあった友人達が作品に協力した。
1979年の2ndアルバム『Restless Nights(邦題= ささやく夜)』にもエドワーズ達のほか[4]ジェームス・テイラードン・ヘンリー、ジャッキー・デシャノン、ガース・ハドソンデヴィッド・リンドレーダニー・コーチマー等が参加。
1982年の3rdアルバム『Wild Heart of the Young(邦題= 麗しの女〜香りはバイオレット)』には、イーグルスのメンバー(ドン・ヘンリー、ティモシー・B・シュミットジョー・ウォルシュ)や、ビル・ペインデイヴィッド・サンボーン等がゲスト参加した。
1984年、挿入歌「Somebody's Eyes(邦題= 誰かの愛が…)」を提供した映画『フットルース』が大ヒットし、同サウンドトラック盤は全米ビルボードチャート1位を記録する。
順調に創作活動を重ねていたが、1988年発表の4thアルバム『New World(ニュー・ワールド)』を最後に、ソロリリースが途絶える。

ブリンドル再結成〜現在[編集]

2007年頃のフォト

1991年、古巣のフォークロックバンド「ブリンドル」を、オリジナルメンバー(ケニー・エドワーズアンドリュー・ゴールドウェンディ・ウォルドマン)で再結成する。かつて、リリースが幻に終わったアルバムの制作を再開し、新録したセルフタイトルの1stアルバム『Bryndle』を1995年に発表。2002年にも同名義の2ndアルバム『House Of Silence』をリリースしている。

ソロでは、2007年にオフィシャルのライブ・アルバムをリリース。2010年に盟友のエドワーズ、翌2011年には同僚のアンドリュー・ゴールドを亡くすものの、2010年代以降も旧友たちと共演するなど精力的に音楽活動を続けている。

2018年、音楽活動50周年を迎えるこの年、旧曲の再録バージョン・新曲・カバー曲を収録した11年ぶりの作品、オリジナルとしては30年ぶりの5thアルバム『Carry Me Home』をリリース[5]。翌2019年には、アルバムに伴う来日公演も開催した[6]

来日記録[編集]

2000年代後半以降は、Billboard Live(ビルボードライブ)の協力で、来日公演を度々開催している[7]

1980年代[編集]

  • 1980年3月に初来日公演。2ndアルバム『Restless Nights - ささやく夜』は来日記念盤として国内リリース。『第9回東京音楽祭』に招待され、楽曲「Trouble Again(邦題= 涙に染めて)」で金賞を受賞。
  • 1981年1月に来日公演。

2000年代[編集]

2010年代[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオ・アルバム

ライブ・アルバム

  • Karla Bonoff Live(2007年)

コンピレーション

  • All My Life: The Best Of Karla Bonoff(1999年)

シングル[編集]

ブリンドル名義[編集]

  • Woke Up This Morning(1971年・シングル)
  • 『ブリンドル』 - Bryndle(1995年・アルバム)
  • 『ハウス・オブ・サイレンス』 - House Of Silence(2002年・アルバム)
  • Live From Russ and Julie's House Concert(2003年・ライブアルバム)

楽曲提供 / カバーアーティスト[編集]

アーティスト[編集]

カレン・アレクサンダー
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1975年)
リンダ・ロンシュタット
  • またひとりぼっち - Lose Again(1976年)
  • 誰かわたしの側に - Someone To Lay Down Beside Me(1976年)
  • 彼にお願い - If He's Ever Near(1976年)
  • オール・マイ・ライフ - All My Life(1989年)
  • 涙に染めて - Trouble Again(1989年)
  • グッバイ・マイ・フレンド - Goodbye My Friend(1989年)
ボニー・レイット
  • 故郷 - Home(1977年)
  • Runnin'Back to Me(1986年)
バック・ホワイト & The Down Home Folks
  • 故郷 - Home(1978年)
バービ・ベントン
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1978年)
リン・アンダーソン
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1979年)
ニコレット・ラーソン
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1979年)
竹内まりや
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1979年)
The Yale Spizzwinks
  • 故郷 - Home(1979年)
ニコール・ウィリス
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1983年)
Maria Haynes
  • またひとりぼっち - Lose Again(1983年)
サンディ・ケリー
  • ベイビー・ドント・ゴー - Baby Don't Go(1985年)
J.D.サウザー
  • ステップ・バイ・ステップ - Step By Step(1986年)
The Smith Sisters
  • ベイビー・ドント・ゴー - Baby Don't Go(1986年)
Tony Trischka And Skyline
  • またひとりぼっち - Lose Again(1986年)
Bobbi Carmitchell
  • 恋じゃないかい - Isn't It Always Love(1987年)
ダイアン・デヴィッドソン
  • 涙に染めて - Trouble Again(1988年)
ダイアン・デイビス
  • ベイビー・ドント・ゴー - Baby Don't Go(1989年)
ホーリー・ダン
  • 故郷 - Home(1990年)
Mervi
  • Rakkaus Yksin Vain(1990年)
アリソン・クラウス & Union Station
  • またひとりぼっち - Lose Again(1992年)
ブレンダ・ラッセル
  • ドリーム - Dream(1992年)
ワイノナ・ジャッド
松居慶子
  • Tears From The Sun(1995年)
ワイルド・ローズ
  • テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why(1996年)
ケイティー・モファット & ケイト・ブリスリン
  • 故郷 - Home(1996年)
ブルース・ガイチ
  • If I Could Only(1997年)
De Berini's
  • Thuis(1998年)
ピーター・セテラ
  • Feels Like Rain(2001年)
Michele Robinson
  • 故郷 - Home(2002年)
ケアリイ・レイシェル
  • グッバイ・マイ・フレンド - Goodbye My Friend(2003年)
Musical Youth
  • テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why(2004年)
Paddy Dougherty
  • 誰かわたしの側に - Someone To Lay Down Beside Me(2004年)
Lorie Line
  • 誰かわたしの側に - Someone To Lay Down Beside Me(2005年)
シェイン・ワード
  • オール・マイ・ライフ - All My Life(2006年)
Ricky Koole
  • 彼にお願い - If He's Ever Near(2007年)
  • 故郷 - Home(2007年)
ダスティ・スプリングフィールド
  • またひとりぼっち - Lose Again(2007年)
ジョン・バロウマン
  • グッバイ・マイ・フレンド - Goodbye My Friend(2014年)

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]