ウォーレン・ジヴォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォーレン・ジヴォン
Warren Zevon
Warren Zevon 1978 press photo.jpg
1978年
基本情報
出生名 Warren William Zevon
生誕 1947年1月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
死没 (2003-09-07) 2003年9月7日(満56歳没)
ジャンル ウェストコースト・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1960年代前半 - 2003年
レーベル アサイラム・レコード
公式サイト WarrenZevon.com

ウォーレン・ジヴォンWarren Zevon1947年1月24日 - 2003年9月7日)は、アメリカ合衆国シンガーソングライターミュージシャン

来歴・人物[編集]

イリノイ州シカゴ出身。父親はロシア系ユダヤ人の移民で、正式な名字は Zivotovsky といった。幼少時代から波乱の人生を歩んでおり、その人間形成が彼の曲作りの原点になっている。

1960年代にデビュー。1969年にファースト・アルバム『Wanted Dead or Alive』を発表するも、その後音楽の世界からは遠ざかってしまう。1970年代の初めはエヴァリー・ブラザーズのツアーにキーボード・プレイヤーとして参加、バンド・リーダーをつとめた[1]

ジャクソン・ブラウンの呼び掛けにより、1976年、彼のプロデュースの下、アサイラム・レコードから『Warren Zevon』で再デビューを果たした。

1978年、シングル「ロンドンの狼男(Werewolves of London)」が全米21を記録。

ジャクソン・ブラウンの他にもニール・ヤングブルース・スプリングスティーンなど、多くのアーティストに影響を与え、また信頼されたアーティストでもあった。ボブ・ディランもジヴォンの作品をライブで取り上げるなど、いかにミュージシャン仲間から慕われていたかが理解できる。グレイトフル・デッドは、1978年には「ロンドンの狼男」をコンサートで9回演奏した。その後、1985年1990年1991年の3回にハロウィン10月31日)のアンコール曲として演奏している。

2003年9月7日、闘病の末に肺癌により死去。その年に発売された『The Wind』が彼の遺作となった。

アルバム・ディスコグラフィー[編集]

  • 1969 Wanted Dead Or Alive
  • 1976 Warren Zevon
  • 1978 Excitable Boy
  • 1980 Bad Luck Streak In Dancing School
  • 1980 Stand In The Fire
  • 1982 The Envoy
  • 1986 A Quiet Normal Life
  • 1987 Sentimental Hygiene
  • 1989 Transverse City
  • 1991 Mr. Bad Example
  • 1993 Learning To Flinch
  • 1995 Mutineer
  • 1996 I'll Sleep When I'm Dead - An Anthology
  • 2000 Life'll Kill Ya
  • 2001 My Ride's Here
  • 2002 Genius
  • 2003 The Wind

脚注[編集]

  1. ^ Warren Zevon: Biography”. 2017年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]