調布インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
調布インターチェンジ
Chofu IC.jpg
国道20号甲州街道 八王子方面側入口
所属路線 E20 中央自動車道
IC番号 3
料金所番号 01-402(入口)
01-269(出口)
本線標識の表記 (上り線)調布
(下り線)調布 府中
起点からの距離 7.7 km(高井戸IC起点)
高井戸IC (7.7 km)
(2.3 km) 稲城IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
供用開始日 1967年12月15日
通行台数 x台/日
所在地 182-0033
東京都調布市富士見町1丁目12-7
テンプレートを表示

調布インターチェンジ(ちょうふインターチェンジ)は、東京都調布市西部にある中央自動車道インターチェンジである。

調布市の他、狛江市府中市東部、小金井市小平市東部、三鷹市西部、武蔵野市西部、世田谷区西部の最寄りのインターチェンジである。

入路時徴収の均一料金区域内のインターチェンジであるため料金所は入り口にのみあり、ここで料金が徴収される。

また、高井戸ICでは一般道から下り線へ入れないため、実質的に最初の下り線入り口である。そのため、東京都道311号環状八号線と接続する上高井戸一丁目交差点から当インターチェンジまでの国道20号(甲州街道)は交通量が非常に多く、渋滞が起こりやすい。

道路[編集]

  • E20 中央自動車道 (3番)

接続する路線[編集]

上下線とも合流部に信号があるが、国道20号を直進する場合、停止線ともども見落としやすい位置にあるので注意が必要である。

歴史[編集]

  • 1967年12月15日 : 調布IC-八王子IC開通に伴い一部供用。
  • 1973年8月27日 : 当時、暫定的に中央道の終点となっていた調布IC周辺の交通公害問題に端を発し、調布市の本多嘉一郎市長らが先導して調布ICを実力封鎖するという「調布IC封鎖事件」が発生。
  • 1976年5月18日 : 高井戸IC-調布IC開通に伴い完全供用。

料金所[編集]

中央道均一区間入口[編集]

  • ブース数:4

周辺[編集]

など

[編集]

E20 中央自動車道
(1)高井戸IC(上り線出口) - 中央JCT(仮称・事業中) - 三鷹TB/BS - 深大寺BS - (3)調布IC - (3-1)稲城IC(新宿方面出入口)(3-2)府中SIC(甲府・河口湖方面出入口) - (4)国立府中IC

関連項目[編集]