甲府中央スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
甲府中央スマートインターチェンジ(仮称)
所属路線 E20 中央自動車道
起点からの距離 108.5 km(高井戸IC起点)
甲府南IC (2.3 km)
(5.3 km) 甲府昭和IC
供用開始日 2019年令和元年)度(予定)
所在地 400-0055
山梨県甲府市大津町
テンプレートを表示

甲府中央スマートインターチェンジ(こうふちゅうおうスマートインターチェンジ)は、山梨県甲府市大津町に建設予定の中央自動車道インターチェンジスマートインターチェンジ)である。名称は仮称である。

概要[編集]

2027年令和9年)に開業予定のリニア中央新幹線山梨新駅の近くに作られる予定で、同駅のアクセス道路の1つとして位置付けられている[1]。隣接する甲府南ICから西へ約2.3 km甲府昭和ICからは東に約5.3 kmの位置が建設予定地である[1]。形態としては全車種が24時間利用できるフルインターチェンジ(東京・長野方面の両方から出入りできる形態)とすることが検討されている[2]

山梨県は2020年(令和2年)の東京五輪前の供用開始を目指しており、中日本高速道路2019年(令和元年)度に供用開始予定としている[2]料金所から高速道路側は中日本高速道路が、一般道路側は山梨県が工事を行う予定である[2]

道路[編集]

沿革[編集]

[編集]

E20 中央自動車道
(14)甲府南IC - 甲府中央スマートIC(仮称・事業中) - (15)甲府昭和IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “甲府中央スマートIC、五輪までに完成を”. 山梨建設新聞. (2014年8月5日). 2014-08-05 
  2. ^ a b c d スマートインターチェンジの整備状況(2017年度) (PDF)”. 中日本高速道路株式会社 (2018年3月28日). 2018年9月29日閲覧。
  3. ^ “スマートインターチェンジの新規採択について” (プレスリリース), 国土交通省道路局高速道路課, (2014年7月25日), http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000433.html 2018年9月29日閲覧。 
  4. ^ “リニア山梨新駅付近に中央道スマートIC 国交省が採択”. 産経ニュース. (2014年7月30日). 2014-07-30. https://www.sankei.com/region/news/140730/rgn1407300095-n1.html 2018年9月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]