稲城インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲城インターチェンジ
所属路線 E20 中央自動車道
IC番号 3-1
料金所番号 01-389(入口)
01-270(出口)
本線標識の表記 稲城大橋
稲城 多摩 府中
起点からの距離 10.0 km(高井戸IC起点)
調布IC (2.3 km)
(1.5 km) 府中SIC
接続する一般道 稲城大橋
供用開始日 1995年4月14日
通行台数 x台/日
所在地 183-0012
東京都府中市押立町
テンプレートを表示
左は稲城大橋の一般道出入り口、右の土手が中央自動車道本線、右上の2本の曲線が中央自動車道と稲城大橋を繋ぐ連絡路。
下り線出口。
料金所。稲城大橋有料道路の料金所を兼ねていた。
稲城大橋。

稲城インターチェンジ(いなぎインターチェンジ)は、東京都府中市にある中央自動車道のインターチェンジである。高井戸方面(東京都心方面)への入口と高井戸方面からの出口のみのハーフインターチェンジとなっている。

概要[編集]

中央自動車道高井戸方面と稲城大橋有料道路を直結するために、調布IC国立府中ICの間、10キロポスト地点に建設され、1995年4月14日に稲城大橋有料道路とともに開通した。

当ICは稲城市ではなく府中市内にある。開通当時は高井戸方面からの下り線より稲城大橋に直結する出口と、稲城大橋から高井戸方面への上り線に直結する入口のみであり、稲城大橋を渡った先の稲城市方面へのみアクセスする構造であった。1998年3月30日に下り線から府中市内の一般道への出口が設けられたが、対となる府中市内からの入口は設置されておらず、中央道への流入は現在も稲城市からのアクセスに特化している。

開通当初はETCレーンが無く、料金所係員に手渡しでのみETCカードが利用可能であったが、2010年7月29日よりETCレーンの暫定運用を開始し、2010年9月28日より本格運用を開始した。

当ICは高井戸方面のみのハーフインターチェンジだが、近接して八王子方面の出入口となる府中スマートインターチェンジ (府中SIC)が府中バスストップの施設を活用した形で整備が進められ[1]、2015年3月7日に開通した。これにより、稲城大橋から一般道を経由して八王子方面への通行も可能になった。

道路[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

中央道均一区間入口[編集]

[編集]

E20 中央自動車道
(3) 調布IC - (3-1) 稲城IC - (3-2)府中BS/SIC - (4) 国立府中IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (仮称)府中スマートインターチェンジ/府中市ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]