園原インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
園原インターチェンジ
Sonohara IC.JPG
所属路線 中央自動車道
IC番号 26-2
料金所番号 01-415
本線標識の表記 園原
起点からの距離 266.3km(高井戸IC起点)
阿智PA (7.2km)
(11.9km) 神坂PA
接続する一般道 長野県道89号園原インター線
長野県道477号富士見台公園線
供用開始日 1992年3月25日
通行台数 x台/日
所在地 395-0304
長野県下伊那郡阿智村智里3421
テンプレートを表示
本線出口付近

園原インターチェンジ(そのはらインターチェンジ)は、長野県下伊那郡阿智村智里園原にある中央自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

長大トンネルである恵那山トンネルの東口にあたる。

阿智村、旧清内路村平谷村売木村根羽村など、飯田下伊那地域南西部の最寄りICであるが、名古屋方面の出入口(下り線入口と上り線出口)のみのハーフICであるため、東京・諏訪方面との連絡は飯田山本ICを利用することになる。

中央道のこの部分の開通は1975年8月23日であるが、このICの開通は1992年3月25日である。園原ICの開通前は、名古屋方面から昼神温泉ヘブンスそのはら等この周辺の観光地へ行くには、中津川ICで降りて国道19号256号を利用するか、飯田ICで降りて国道153号256号を戻る必要があった。園原ICはこのような不便を解消すべく追加されたものである。

すぐ西側にある恵那山トンネルは8km以上に亘る長大トンネルであるため、危険物搭載車両の通行が禁止されている。ただ前述の通り当ICは一定方向への進入・退出ができない構造のため、下り線を通行する該当車両は手前の飯田山本ICで退出しなければならない。また上り線を通る車両も、中津川ICで退出して飯田山本ICから進入する必要がある(中央道下り線及び三遠南信道上り線の飯田山本IC手前と、中央道上り線中津川ICの手前には、該当車両に退出を命ずる内容の標識がある)。

接続する路線[編集]

園原バスストップ[編集]

園原バスストップは、長野県道89号園原インター線沿いに設置されている。なおバス停はインター入口より離れている。

停車する路線[編集]

周辺[編集]

[編集]

中央自動車道
(26-1)飯田山本IC(9.6km) - (PA)阿智PA/駒場(昼神温泉)BS - (TN)網掛トンネル - (26-2)園原IC/BS(名古屋方面のみの接続) - (TN)恵那山トンネル - (PA)神坂PA/馬篭BS - (27)中津川IC/BS(22.0km)

関連項目[編集]