駒ヶ岳サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駒ヶ岳サービスエリア
駒ヶ岳スマートインターチェンジ
上り線施設
上り線施設
所属路線 E19 中央自動車道
IC番号 24-1
本線標識の表記 駒ヶ岳
起点からの距離 224.7km(高井戸IC起点)
駒ヶ根IC (3.3km)
(12.0km) 松川IC
接続する一般道 (上り線)市道南割中田切線
(下り線)市道琴ヶ沢線
供用開始日 1975年昭和50年)8月23日 (SA)
2018年平成30年)3月17日 (SIC)
スマートIC 24時間
上り線事務所 9:00 - 18:00(平日)
8:00 - 18:00(土日祝)
上り線GS Shell
24時間
下り線事務所 9:00 - 18:00(平日)
9:00 - 19:00(土日祝)
下り線GS ENEOS
24時間
所在地 399-4117
長野県駒ヶ根市赤穂
テンプレートを表示

駒ヶ岳サービスエリア(こまがたけサービスエリア)は、長野県駒ヶ根市中央自動車道上にあるサービスエリアである。スマートインターチェンジを併設する。

道路[編集]

施設[編集]

ドッグランや展望台が森林の中にある
展望台(上り)
展望台からの南アルプス(上り)

上り線(長野・東京方面)[編集]

かつての上り線施設は2階に窓がなかった

下り線(名古屋方面)[編集]

下り線施設
  • 駐車場
    • 大型 - 48台
    • 小型 - 148台
  • トイレ(メイン)
    • 男性 - 大5(和式1・洋式4)・小19
    • 女性 - 19(和式13・洋式6)
      • 同伴の男児用 - 1
    • 車椅子用 - 1
  • トイレ(サブ・ドッグラン側)
    • 男性 - 大4(和式1・洋式3)・小10
    • 女性 - 24(和式16・洋式8)
      • 同伴の男児用 - 1
  • ガソリンスタンド(JXTGエネルギー (ENEOS)((株)ENEOSウイング)、24時間)
    • 以前は鈴与商事(株)(JOMO)→中日本エクシス(株)が運営していた。
  • コイン洗車機(24時間)
  • 給電スタンド(24時間)
  • レストラン 〈中央アルプス観光〉(7:00 - 22:00)
  • スナック(24時間)
  • ショッピング(24時間)
  • デイリーヤマザキ(24時間)
  • 自動販売機
  • インフォメーション・FAXサービス(平日9:00 - 18:00、土曜日・日曜日・祝日8:00 - 18:00)
  • 郵便ポスト(駒ヶ根郵便局)
  • ドッグラン
スマートインターチェンジ2018年3月7日併用開始
スマートIC(上り)

駒ヶ岳スマートインターチェンジ[編集]

駒ヶ岳スマートインターチェンジ(こまがたけスマートインターチェンジ)は、駒ヶ岳サービスエリアに併設のスマートICである。

2018年(平成30年)3月17日供用開始[1][2]。利用可能車種はETC搭載の全車種(長さ12m以下の車両)で24時間運用[1][3]。上下線ともに出入可となっている[1][3][4]
構造上、上り線(東京方面)出口、下り線(名古屋方面)入口を利用する場合は駒ヶ岳サービスエリアの利用は不可能。

沿革[編集]

接続する道路[編集]

  • 上り線(東京方面):市道南割中田切線
  • 下り線(名古屋方面):市道琴ヶ沢線
  • 間接接続:新春日街道(広域農道)

周辺[編集]

[編集]

E19 中央自動車道
(24)駒ヶ根IC - (24-1)駒ヶ岳SA/SIC - 飯島BS - (25)松川IC/BS

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c E19 中央自動車道 駒ヶ岳スマートインターチェンジが 2018年3月17日(土)15時に開通します。”. 駒ヶ根市・中日本高速道路株式会社 (2018年2月16日). 2018年2月16日閲覧。
  2. ^ 高速道路開通情報”. 中日本高速道路株式会社. 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ a b (仮称)駒ヶ岳スマートインターチェンジの概要”. 駒ヶ根市. 2018年1月20日閲覧。
  4. ^ 『市報こまがね 2018年3月号』8,9頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]