甲府南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
甲府南インターチェンジ
所属路線 E20 中央自動車道
IC番号 14
料金所番号 01-413
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0358.svg 甲府南 中道
起点からの距離 105.6 km(高井戸IC起点)
境川PA (1.7 km)
(7.6 km) 甲府昭和IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0358.svg国道358号
供用開始日 1982年11月10日
通行台数 x台/日
所在地 400-1501
山梨県甲府市上曽根町3662
テンプレートを表示

甲府南インターチェンジ(こうふみなみインターチェンジ)は、山梨県甲府市にある中央自動車道インターチェンジである。

甲府市内にある唯一の高速自動車国道(高速道路)のインターチェンジであるが、2006年平成18年)2月28日まで東八代郡中道町に位置していた。そのため中道町と合併するまで甲府市内には高速自動車国道のインターチェンジが存在せず、2006年3月1日付の合併執行により都道府県庁所在地の都市で46番目に高速自動車国道のインターチェンジを有することとなった(現在都道府県庁所在地で高速自動車国道のインターチェンジがないのは奈良県奈良市のみ。但し京奈和自動車道が事業中であり、供用が開始されると全都道府県庁所在地にインターチェンジが設置されることになる)。新規開通ではなく平成の大合併でインターチェンジを有することになったのは他に鳥取市山陰自動車道青谷インターチェンジ、2004年(平成16年)11月1日に鳥取市と青谷町が合併)の例がある。なお、名古屋方面にある甲府昭和インターチェンジの場所は中巨摩郡昭和町であるが、一部が甲府市にかかっている(甲府市中心部へはこちらのインターチェンジのほうが近い)。

道路[編集]

  • E20 中央自動車道 (14番)

接続する路線[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用(L-1):1
    • ETC/一般<混在>(L-2):1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用(L-3):1
    • ETC/一般<混在>(L-4):1

歴史[編集]

アクセス地域[編集]

甲府市南部の他、笛吹市南西部、東京方面から中央市西八代郡市川三郷町へはこのICが近い。ただし、名古屋方面から市川三郷町、中央市および南巨摩郡へ向かうには中部横断自動車道増穂インターチェンジのほうが近い。

2009年3月14日新山梨環状道路南部区間が全通し、中央市や南アルプス市へ向かう場合の所要時間が短縮された。

周辺[編集]

史跡・観光
工業
商業

甲府南バスストップ[編集]

甲府南バスストップは、甲府南IC出口付近にある中央自動車道バス停留所である。案内上のバス停名は中央道甲府南である。

停車する路線[編集]

バス停へのアクセス[編集]

[編集]

E20 中央自動車道
(13)一宮御坂IC - (13-1)笛吹八代スマートIC - 境川PA - (14)甲府南IC - (14-1)甲府中央SIC(仮称・予定) - (15)甲府昭和IC

関連項目[編集]