THE GREATEST HITS (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE GREATEST HITS
LOVE PSYCHEDELICOスタジオ・アルバム
リリース
録音 2000年 - 2001年
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年度年間9位(オリコン)
ゴールドディスク
LOVE PSYCHEDELICO 年表
THE GREATEST HITS
(2001年)
LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA
(2002年)
テンプレートを表示

THE GREATEST HITS』(ザ・グレイテスト・ヒッツ)は、LOVE PSYCHEDELICO最初のメジャー・アルバム

概要[編集]

元々青山学院大学の音楽サークル「ACM」(Aoyama Creative Music)にて結成された後に音楽性の違いから最終的にKUMIとNAOKIのデュオとなり、後任のベースとドラムとキーボードを探していた時期に作られたデモテープを元にして作られたアルバム。発売日も1000年に一度の1並びの日とし、タイトルもズバリ「THE GREATEST HITS」と銘打った作品として世に送り出された。

ちょうどこの時期に、LOVE PSYCHEDELICOやEGO-WRAPPIN'と言った60〜70年代ロックをアレンジした日本語と英語とが自由に織り交ざった独自路線が流行していたこともあり、この作品はオリコン集計で160万枚を超えるデビュー作としては驚異的なセールスを記録した。

THE ALFEE坂崎幸之助も購入し、しばらく愛聴していた。後に自身のラジオ番組で、「英語まじりの日本語の歌は好きじゃないけど、彼らだけは逆で『格好良いなぁ』と思った」と語っている[1]

タイトル[編集]

タイトルから誤解されがちであるが、本作は紛れもないオリジナルアルバムであり、所謂アンソロジーやベストアルバムといった類のものではない。そのために、本当のベスト・アルバムである『Early Times』が発売されるまでベスト・アルバムと思って購入した者が少なからずいるという。これは、当人が意図的に命名したものであり、実際に収録曲の3曲目まではシングル盤で発売されたものを発売順に並べており、収録曲のうち完全な新曲は5曲と半分がシングル半分が新曲と、この時点におけるベスト版とも言うべき内容であった。なおエレキメインのロック色の強い楽曲はシングル曲、アコースティックメインのゆったりとした楽曲はアルバム曲と言った具合にきちんと棲み分けが行われていた。

収録曲[編集]

  1. LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜
    本作のファーストトラックにしてLOVE PSYCHEDELICOのデビュー・シングル。Right onCMソングとしても当時OAされていた。本人が初めて出演した音楽番組「僕らの音楽」でも演奏されている。
  2. Your Song
    前作からわずか3ヶ月で発売されたLOVE PSYCHEDELICOの2作目のシングル。SEIKO「ルキア」CMソングとしても起用された。4年後に実際に発売されることになるベストアルバム「Early Times」では1曲目を飾っている。
  3. Last Smile (extension mix)
    Your Songの4ヵ月後に発売された3作目のシングル。本作に収録されているものはextensionの言葉の通り、シングル・バージョンよりもわずかに尺が長くなっている。
  4. I mean love me
    本作で初登場となるアルバムオリジナル曲。全編英語詞の楽曲である。
  5. Moonly
    Last Smileの2トラック目に収録されていた楽曲のアルバムバージョン。本来はこちらがオリジナルであり、シングルに収録されていたものにはSingle editとついている。
  6. Are you still dreaming ever-free?
    本作で2曲目となるアルバム・オリジナル曲。「I mean love me」と同じく全編英語詞だが、ギター弾き語りの1分にも満たない楽曲である。
  7. I miss you
    本作3曲目のアルバム・オリジナル曲。
  8. ノスタルジック'69
    Your Songの2トラック目に収録されていた楽曲。シングルB面としては唯一バージョン違いではなくシングルと同じミックスで収録されている。
  9. These days
    本作4曲目のオリジナル曲。アコースティックギターをメインとした曲。
  10. LOW (ver.1.1)
    LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜の2トラック目に収録されていた楽曲。本作ではver1.1という別バージョンを収録している。
  11. A DAY FOR YOU
    本作のラストトラック。アコースティックサウンドを全体的に押し出しており、全編に渡ってハンドクラップとゆったりしたテンポの「free you all」のコーラスでこの作品は幕を閉じる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ K's TRANSMISSION」2012年12月7日分より。