時空の舞踏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時空の舞踏
ピンク・フロイドベスト・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗コロムビア
キャピトル(再発盤)
プロデュース ピンク・フロイドボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 37位(英国・オフィシャルチャート)
  • 31位(米国・ビルボードチャート
  • ゴールドディスク
  • 200万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド 年表
    ザ・ウォール
    (1979)
    時空の舞踏
    (1981)
    ファイナル・カット
    (1983)
    テンプレートを表示

    時空の舞踏』 (A Collection Of Great Dance Songs) は、1981年に発表されたピンク・フロイドアルバムデヴィッド・ギルモア監修のもと発売されたコンピレーション・アルバムである。

    概要[編集]

    収録楽曲について

    • 本作に収録された「マネー」はデヴィッド・ギルモアによって新たにレコーディングされたバージョンである。これは、版権を持っていたキャピトル・レコードがソニーに音源をライセンスするのを拒否したため。デヴィッドがギターだけでなくキーボードやベースも弾いている。
    • 「クレイジー・ダイヤモンド」は、『炎〜あなたがここにいてほしい』では2つに分割されて収録されていたが、本作ではひとつの大曲として編集されたうえで収録されている。
    • 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」は、スタジオテイクの冒頭に、シングルカットされた際に付加された約8秒のイントロを付け加えたものとなっている。

    アルバムジャケットについて

    • ダンス向きの曲を制作することで知られているバンドでもなく、ダンサブルな曲を収録したわけでもないにも関わらずアルバムの英語タイトルは"A Collection Of Great Dance Songs"(偉大なるダンス曲集)である。
    • これは、イギリスのヒプノシスがデザインを手掛けたジャケットに合わせて付けられたタイトルと言え、ジャケットの男女は一見優雅に踊っているように見えるが、地面にロープでくくり付けられている。
    • この図案は、松任谷由実のアルバム「昨晩お会いしましょう」用にヒプノシスから提案された内の採用されなかった方のものである。なお、この二つのアルバムは同時期に発売されている。

    その他[編集]

    アルバム1曲目の「吹けよ風、呼べよ嵐」はプロレスラーアブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲として有名で、ミル・マスカラススカイ・ハイと並んでプロレス入場曲の名作として挙げられることも多い。また、近年では、プロレスリング・ノアに来日することが多いキース・ウォーカーも同曲を使用している。

    収録曲[編集]

    1. 吹けよ風、呼べよ嵐 - One Of These Days
    2. マネー - Money
    3. シープ - Sheep
    4. クレイジー・ダイアモンド - Shine On You Crazy Diamond
    5. あなたがここにいてほしい - Wish You Were Here
    6. アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2) - Another Brick In The Wall (Part 2)

    関連項目[編集]

    [編集]