時空の舞踏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
時空の舞踏
ピンク・フロイドベスト・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗コロムビア
キャピトル(再発盤)
プロデュース ピンク・フロイドボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 37位(英国・オフィシャルチャート)
  • 31位(米国・ビルボードチャート
  • ゴールドディスク
  • 200万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド 年表
    ザ・ウォール
    (1979)
    時空の舞踏
    (1981)
    ファイナル・カット
    (1983)
    テンプレートを表示

    時空の舞踏』 (A Collection Of Great Dance Songs) は、1981年に発表されたピンク・フロイドアルバムデヴィッド・ギルモア監修のもと発売されたコンピレーション・アルバムである。

    概要[編集]

    タイトルに"Dance Songs"とあるが「踊れる曲」を選んだわけではなく、皮肉を込めただけである。ピンク・フロイドの代表曲ばかりが収録されているにも関わらず、セールス面でもあまり成功しなかった。

    本作に収録された「マネー」はデヴィッド・ギルモアによって新たにレコーディングされたバージョンである(版権を持っていたキャピトル・レコードがソニーに音源をライセンスするのを拒否したため)。デヴィッドがギターだけでなくキーボードやベースも弾いた。
    「クレイジー・ダイヤモンド」は、『炎〜あなたがここにいてほしい』では2つに分割されて収録されていたが、本作ではひとつの大曲として編集されたうえで収録されている。
    「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」は、スタジオテイクの冒頭に、シングルカットされた際に付加された約8秒のイントロを付け加えたものとなっている。

    その他[編集]

    アルバム1曲目の「吹けよ風、呼べよ嵐」はプロレスラーアブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲として有名で、ミル・マスカラススカイ・ハイと並んでプロレス入場曲の名作として挙げられることも多い。また、近年では、プロレスリング・ノアに来日することが多いキース・ウォーカーも同曲を使用している。

    収録曲[編集]

    1. 吹けよ風、呼べよ嵐 - One Of These Days
    2. マネー - Money
    3. シープ - Sheep
    4. クレイジー・ダイアモンド - Shine On Crazy Diamond
    5. あなたがここにいてほしい - Wish You Were Here
    6. アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2) - Another Brick In The Wall (Part 2)

    関連項目[編集]

    [編集]