ウマグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウマグマ
ピンク・フロイドスタジオ・アルバム / ライブ・アルバム
リリース
録音 1969年4月27日-5月2日(ライブ盤)
ジャンル サイケデリック・ロック実験音楽プログレッシブ・ロックスペース・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗ハーヴェスト/キャピトル
キャピトル(再発盤)
プロデュース ピンク・フロイドノーマン・スミス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(英国・オフィシャルチャート)
  • 74位(米国・ビルボードチャート
  • 66位(日本・オリコンチャート
  • ゴールドディスク
  • 100万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド 年表
    モア
    (1969年)
    ウマグマ
    (1969年)
    原子心母
    (1970年)
    テンプレートを表示

    ウマグマ』(Ummagumma)は、1969年に発表されたピンク・フロイドの2枚組アルバム

    概要[編集]

    「ウマグマ」とは、ニック・メイスンによればシド・バレットロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアが、生まれ育ったケンブリッジで覚えたという「性交」を意味するスラングで、「名前の響きが良くて面白かった」との理由でアルバムのタイトルとして採用された[1]。本作は2枚組で、1枚目がバンド初となるライブ盤、2枚目がスタジオ盤の構成となっている。ノーマン・スミスがピンク・フロイドをプロデュースした最後のアルバムとなり、以後のアルバムはバンド自身によるプロデュースである。全英5位、全米74位を記録した。ジャケットでギルモアの近くに置かれているLPは、1958年公開の映画『恋の手ほどき』のサントラである。

    ライブ盤は、1969年4月27日の当時バーミンガムにあった伝説的なクラブ「マザーズ」と、同年5月2日のマンチェスター・メトロポリタン大学でのライブが収録されている[2]。収録されたのは当時のコンサートで人気の高いナンバーだった「天の支配」「ユージン、斧に気をつけろ」「太陽讃歌」「神秘」の4曲で、非常にパワフルなパフォーマンスを聴くことができる。なお、「星空のドライブ」のライブテイクも収録される予定だったが結局見送られた。

    アルバム2枚目のスタジオ盤は、バンドメンバーのリチャード・ライトロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアニック・メイスンの4人のソロ作品で、演奏も全て作者自身の手によるものである。つまり、「ナロウ・ウェイ」のドラムはメイスンではなく作者のギルモアが叩いている。ただし、メイスンの「統領のガーデン・パーティ」に入っているフルートは彼の妻が奏でている[3]。いずれも実験的な作風を凝らした作品で、このうちウォーターズ作の「グランチェスターの牧場」とギルモアの作品にボーカルが入っている。ギルモアは曲に詞を付けようとしたがうまく行かず、ウォーターズに助言を乞うも拒絶されている[4]。これ以降、ギルモアは「デブでよろよろの太陽」「大人への躍動」の2曲以外を除いて自身がバンドの主導権を握る1987年まで歌詞を担当していない。

    収録曲[編集]

    ディスク1 ライブ・アルバム

    サイド1

    1. 「天の支配」 - "Astronomy Domine" (バレット)
    2. 「ユージン、斧に気をつけろ」 - "Careful With That Axe, Eugene" (ウォーターズ、ライト、メイスン、ギルモア)

    サイド2

    1. 「太陽讃歌」 - "Set The Controls For The Heart Of The Sun" (ウォーターズ)
    2. 「神秘」 - "A Saucerful Of Secrets" (ウォーターズ、ライト、メイスン、ギルモア)
    ディスク2 スタジオ・アルバム

    サイド1

    1. 「シシファス組曲」 - "Sysyphus" (ライト)
    2. 「グランチェスターの牧場」 - "Grantchester Meadows" (ウォーターズ)
    3. 「毛のふさふさした動物の不思議な歌」 - "Several Species Of Small Furry Animals Gathered Together In A Cave And Grooving With A Pict" (ウォーターズ)

    サイド2

    1. 「ナロウ・ウェイ三部作」 - "The Narrow Way" (ギルモア)
    2. 「統領のガーデン・パーティ三部作」 - "The Grand Vizier's Garden Party" (メイスン)

    パーソネル[編集]

    ピンク・フロイド

    • デヴィッド・ギルモア (David Gilmour) - リード・ギター、ボーカル (ライブ・アルバム) / ギター、ベース、キーボード、ドラム、ボーカル (ナロウ・ウェイ)
    • ニック・メイスン (Nick Mason) - ドラム (ライブ・アルバム) / パーカッション、エフェクト (統領のガーデン・パーティ)
    • ロジャー・ウォーターズ (Roger Waters) - ベース、ボーカル (ライブ・アルバム) / アコースティックギター、ボーカル (グランチェスターの牧場)、ボーカル (毛のふさふさした動物の不思議な歌)
    • リチャード・ライト (Richard Wright) - キーボード、ボーカル (ライブ・アルバム) / オルガン、ピアノ、メロトロン、パーカッション (シシファス組曲)
    追加パーソネル
    • リンディ・メイスン (Lindy Mason) - フルート (統領のガーデン・パーティ)

    出典[編集]

    1. ^ ニコラス・シャフナー著 今井幹晴訳『ピンク・フロイド 神秘』宝島社、1991年、pp.150
    2. ^ 立川直樹『ピンク・フロイド One Of These Days』シンコー・ミュージック、1992年、pp.60
    3. ^ アンディ・マベット著 山崎智之訳『ピンク・フロイド全曲解説』シンコー・ミュージック、1995年、pp.58
    4. ^ マベット、1995年、pp.57

    外部リンク[編集]