ウマグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウマグマ
ピンク・フロイドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル サイケデリック・ロック実験音楽
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗ハーヴェスト/キャピトル
キャピトル(再発盤)
プロデュース ピンク・フロイドノーマン・スミス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 100万枚(米国・RIAA
ピンク・フロイド 年表
モア
(1969)
ウマグマ
(1969)
原子心母
(1970)
ミュージックビデオ
「Careful With That Axe, Eugene」 - YouTube
テンプレートを表示

ウマグマ』(Ummagumma)は、1969年に発表されたピンク・フロイドの2枚組アルバム

概要[編集]

1枚目がライブ盤で、2枚目がスタジオ盤という構成である。ノーマン・スミスがピンク・フロイドをプロデュースした最後のアルバムとなり、以後のアルバムはバンド自身によるプロデュースである。全英5位、全米74位を記録した。

ライブ盤は、1969年のバーミンガムに位置したマザーズ(英語版該当記事)という名のクラブとマンチェスター・メトロポリタン大学での模様が収録されている。当時のフロイドのライブを聴くことができる貴重な公式音源で、非常にパワフルなパフォーマンスである。4曲だけではあるが、当時の人気ナンバーが選曲されている。「星空のドライブ」のライブテイクも収録される予定だったが結局見送られた。

アルバムのハイライトは2枚目のスタジオアルバムで、バンドのメンバーのリチャード・ライトロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアニック・メイスンの4人のソロ作品が収録されている。いずれも実験的な作風を凝らした作品である。このうちギルモアとウォーターズの作品がヴォーカルが入っている。ギルモアは曲に詞を付けようとしたがうまく行かず、ウォーターズに助言を乞うも拒絶されている。この一件以降ギルモアは、自身がバンドの主導権を握るまで歌詞を一切担当していない。 各ソロ曲では、メンバーが1人で演奏している。つまり、「ナロウ・ウェイ」のドラムはギルモアが叩いている。ただし、メイスンの「統領のガーデン・パーティ」に入っているフルートは彼の妻が奏でている。

ジャケットでギルモアの近くに置かれているLPは、1958年公開の映画『恋の手ほどき』のサントラである。

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

  1. 天の支配 - Astronomy Domine (Barrett)
  2. ユージン、斧に気をつけろ - Careful With That Axe, Eugene (Waters, Wright, Mason, Gilmour)
  3. 太陽讃歌 - Set The Controls For The Heart Of The Sun (Waters)
  4. 神秘 - A Saucerful Of Secrets (Waters, Wright, Mason, Gilmour)

DISC 2[編集]

  1. シシファス組曲 - Sysyphus (Wright)
  2. グランチェスターの牧場 - Grantchester Meadows (Waters)
  3. 毛のふさふさした動物の不思議な歌 - Several Species Of Small Furry Animals Gathered Together In A Cave And Grooving With A Pict (Waters)
  4. ナロウ・ウェイ三部作 - The Narrow Way (Gilmour)
  5. 統領のガーデン・パーティ三部作 - The Grand Vizier's Garden Party (Mason)