雲の影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲の影
ピンク・フロイドサウンドトラック
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗ハーヴェスト/キャピトル
キャピトル(再発盤)
プロデュース ピンク・フロイド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(英国・オフィシャルチャート)
  • 46位(米国・ビルボードチャート
  • 13位(日本・オリコン
  • ゴールドディスク
  • 50万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド 年表
    おせっかい
    (1971年)
    雲の影
    (1972年)
    狂気
    (1973年)
    テンプレートを表示

    雲の影』(くものかげ、Obscured by Clouds)は、1972年に発表されたピンク・フロイドアルバムバーベッド・シュローダー監督の映画『La Vallée』のサウンドトラックである。全英6位、全米46位を記録。

    概要[編集]

    本作はシュローダー監督の『モア』(1969年)以来のサウンド・トラックのアルバムである(ミケランジェロ・アントニオーニ監督の『砂丘』(1970年)にも楽曲を提供したが、数曲しか使われなかった)。当時バンドは『狂気』のレコーディングを行っていたがこれを中断して、フランスのパリ郊外で約2週間でレコーディングを行った。

    ロジャー・ウォーターズ単独作の「フリー・フォア」は、一見ユーモラスだが、彼の父親の戦死がさりげなく言及されており、後の『ザ・ウォール』(特に映画版)や『ファイナル・カット』へと繋がるモチーフの萌芽が見て取れる。アメリカのラジオでこの曲が頻繁にエアプレイされ、シングルカットもされた。歌詞つきの曲「ウオッツ」や「ステイ」では、彼にしては素直で素朴な感情が語られている。

    「大人への躍動」はデヴィッド・ギルモア作詞作曲のロック・ナンバー。また、これ以後ギルモアは1987年に『鬱』を発表するまでバンド内では作詞を行っていない。

    収録曲[編集]

    1. 雲の影 - Obscured By Clouds
    2. ホエン・ユーアー・イン - When You're In
    3. 炎の橋 - Burning Bridges
    4. ザ・ゴールド・イッツ・イン・ザ… - The Gold It's In The...
    5. ウォッツ - Wot's... Uh The Deal
    6. 泥まみれの男 - Mudmen
    7. 大人への躍動 - Childhood's End
    8. フリー・フォア - Free Four
    9. ステイ - Stay
    10. アブソルートリー・カーテンズ - Absolutely Curtains

    カバー・アート[編集]

    デザインはヒプノシスで、映画のスティル写真を使うことを決めて何度も写真を見直した結果、たまたまピントがぼけていたプロジェクターで映写したスライドを見て、「これだ!」とひらめいた。この写真は「木に登った男性が何かを取ろうとして手を伸ばしている」もので、葉っぱの隙間からのぞく光がピンボケのために丸く映り、幻想的な画像になっている。[1]

    脚注[編集]

    1. ^ Mind over Matter 4: The Images of Pink Floyd of Pink Floyd ストーム・ソーガソン