ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981
ピンク・フロイドライブ・アルバム
リリース
録音 1980年-1981年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗コロムビア
プロデュース ロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(英国・オフィシャルチャート)
  • 19位(米国・ビルボードチャート
  • 55位(日本・オリコンチャート
  • ゴールドディスク
  • 100万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド アルバム 年表
    P.U.L.S.E
    (1995年)
    ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981
    (2000年)
    エコーズ〜啓示
    (2001年)
    テンプレートを表示

    ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981』 (Is There Anybody Out There? The Wall: Live 1980-1981) は、2000年に発売されたピンク・フロイドの2枚組ライブ・アルバム。

    解説[編集]

    1979年に発表され世界的な大ヒットとなったピンク・フロイドのアルバム『ザ・ウォール』のコンサートの模様を収録した作品。1980年8月と1981年6月に行われたロンドンアールズ・コートでのライブを収録したテイクの中からベスト・トラックを編集して収録された。『ザ・ウォール』でエンジニアを務めたジェームズ・ガスリーがプロデュースした。

    本作では、スタジオ盤には収録されていない「ワット・シャル・ウィー・ドゥ・ナウ」と「ザ・ラスト・フュー・ブリックス」の2曲が収められている。 前者は『ザ・ウォール』でレコーディングされたものの、発売当時のLPレコードでは収録時間の制限のために短縮されて「エンプティ・スペーシズ」として収録された(映画「ザ・ウォール」には収録)。後者は元々ライブで「インストゥルメンタル」という即興ナンバーで演奏されており、ステージ上では壁の完成に向けての最終段階であり、その「繋ぎ」の役割があったと思われる。

    ライブは、ステージ上にて演奏中に壁が徐々に築き上げられて完全に客席とステージが壁で遮断され、クライマックスでその壁が崩れ落ちるという壮大なものであった。その模様は、本アルバムに同梱されているブックレットでうかがい知ることが出来る。今では伝説となったライブが初の公式音源としてリリースされたが、映像作品は未だに発売されていない。

    なお、リチャード・ライトはレコーディング・セッションの終盤になってピンク・フロイドを解雇されて正式なメンバーから外されており、コンサートツアーには「サポートメンバー」の肩書きとして参加している。

    収録曲[編集]

    DISC 1[編集]

    1. 「MC」Master Of Ceremonies
    2. 「イン・ザ・フレッシュ?」- In The Flesh?
    3. 「ザ・シン・アイス」- The Thin Ice
    4. 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール (パートI) 」- Another Brick In The Wall (part I)
    5. 「ザ・ハピエスト・デイズ・オブ・アワ・ライヴス」- The Happiest Days Of Our Lives
    6. アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール (パートII) 」 - Another Brick In The Wall (part II)
    7. 「マザー」 - Mother
    8. グッバイ・ブルー・スカイ」- Goodbye Blue Sky
    9. 「エンプティ・スペーシズ」 - Empty Spaces
    10. 「ワット・シャル・ウィー・ドゥ・ナウ」 - What Shall We Do Now?
    11. 「ヤング・ラスト」 - Young Lust
    12. 「ワン・オブ・マイ・ターンズ」 - One Of My Turns
    13. 「ドント・リーヴ・ミー・ナウ」 - Don't Leave Me Now
    14. 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール (パートIII) 」- Another Brick In The Wall (part III)
    15. 「ザ・ラスト・フュー・ブリックス」 - The Last Few Bricks
    16. 「グッバイ・クルエル・ワールド」 - Goodbye Cruel World

    DISC 2[編集]

    1. 「ヘイ・ユウ」 - Hey You
    2. 「イズ・ゼア・エニバディ・アウト・ゼア」- Is There Anybody Out There?
    3. 「ノウバディ・ホーム」- Nobody Home
    4. 「ヴィーラ」- Vera
    5. 「ブリング・ザ・ボーイズ・バック・ホーム」- Bring The Boys Back Home
    6. コンフォタブリー・ナム」- Comfortably Numb
    7. 「ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン」- The Show Must Go On
    8. 「MC」- Master Of Ceremonies
    9. 「イン・ザ・フレッシュ」- In The Flesh
    10. 「ラン・ライク・ヘル」- Run Like Hell
    11. 「ウェイティング・フォア・ザ・ワームス」- Wating For The Worms
    12. 「ストップ」- Stop
    13. ザ・トライアル」- The Trial
    14. 「アウトサイド・ザ・ウォール」- Outside The Wall

    脚注[編集]