永遠 (ピンク・フロイドのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永遠/TOWA
ピンク・フロイドスタジオ・アルバム
リリース
録音 2013年–2014年 and 1969年1993年
ジャンル プログレッシブ・ロック
アンビエント
時間
レーベル イギリスの旗 パーロフォン
アメリカ合衆国の旗 コロムビア
プロデュース デヴィッド・ギルモア
ユース
アンドリュー・ジャクソン
フィル・マンザネラ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 30万枚(UK・BPI)プラチナディスク
  • 50万枚(US・RIAA
  • ミュージック・ジャケット大賞2015・準大賞(MJA)
ピンク・フロイド 年表
対/TSUI
(1994年)
スタジオ・ワークス
2007年
永遠/TOWA
(2014年)
『永遠/TOWA』収録のシングル
  1. 「ラウダー・ザン・ワーズ〜終曲(Louder than Words)」
    リリース: 2014年10月14日
ミュージックビデオ
「Surfacing」 - YouTube
「Louder Than Words」 - YouTube
テンプレートを表示

永遠/TOWA』(とわ、The Endless River)は、2014年11月に発表されたピンク・フロイドスタジオ・アルバム。前作の『対/TSUI』以来20年振りで、2008年にリック・ライトが他界してから初となるアルバムリリースである。また英EMIパーロフォン買収に伴なうワーナー・ブラザース・レコード傘下からの初作品であり、ロジャー・ウォーターズ脱退後、デイヴ・ギルモアがリーダーシップを執って以降の3作目となる。

背景・制作[編集]

リック・ライト 2006年7月ドイツ・ミュンヘンにて
ニック・メイスン(左)、デイヴ・ギルモア(右) 2011年5月ロンドン・O2アリーナにて

2008年に他界したオリジナルメンバー リック・ライトの「トリビュート」というコンセプトで、ほぼ全編インストゥルメンタルアンビエント音楽から成る作品。ライトと共に1993年から行い、アルバム『対/TSUI』収録予定だった20時間分のセッションを基に構成されている。デイヴ・ギルモアが所有する"Astoria"という船(1911年建造)の中に設けられているレコーディング・スタジオで制作された音源をベースに、2013年から2014年に掛けて新たに作業が加えられた[1]。プロデュースはギルモア以外にも、フィル・マンザネラ(元ロキシー・ミュージック)、ユース(キリング・ジョーク)、アンディ・ジャクソン(ピンク・フロイドのエンジニア)との共作となっており、ロジャー・ウォーターズは本作の制作に一切関わっていない[1]

また、ギルモアは「リックは逝ってしまった。我々は、持てる価値の全てを注ぎ込んだ。出せるのはこれが最後だ」と、本作がバンドにとって最後のアルバムになると明言しており[2]、ツアーの計画も無いとしている。ただし、セッション素材のうち今作に入らなかったものは今後ギルモアのソロ作に使われる可能性があるという[3]。僚友のニック・メイスンも「ツアーは無いと思う。本作をライブでプレイするには、リックでなくては不可能」とコメントしている[4]

著名なゲストに、理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士が、自身の名を冠した曲「トーキン・ホーキン〜ホーキング博士の伝言」にボイスサンプラーとして出演している。その他、『』や『対/TSUI』を担当した音楽プロデューサーボブ・エズリン、キーボード奏者アンソニー・ムーア(元スラップ・ハッピー、元ヘンリー・カウ)などが参加[2]

音楽性[編集]

アルバムタイトルは、前作『対/TSUI』の収録曲「運命の鐘 (High Hopes)」の歌詞: "The water flowing / The endless river / Forever and ever"から引用されている。ギルモアはこの2作は同じセッションから生まれた為「ある種の連続性」があるとコメントしており[3]、4つのテーマに分けた組曲となっている。上記の通り『対/TSUI』収録時に録音されたセッションをソースとしているため、ほぼ全編インストゥルメンタルで幻想的なアンビエント色が濃い[1]

元々は、アルバム『対/TSUI』を2枚組にしようとした構想があり、使用する筈だった残りのマテリアルを完成させたのが本作であるとしている[4]。最終トラック「ラウダー・ザン・ワーズ〜終曲(Louder than Words)」のみ歌詞付きのヴォーカルがあり、『対/TSUI』で作詞を担当したギルモアの妻、ポリー・サムソンが詞を提供し、先行シングルで発売された[5]。そしてこの楽曲が、ピンク・フロイドのラスト・ソングであるとギルモアは明言している[6]

リリース[編集]

国内盤を含むワールドワイド盤は、デラックス・エディション(CD+DVD / CD+Blu-ray)2種と、スタンダード・エディション(通常盤)の3形態でリリースされた。デラックス・エディションはボックス仕様でブックレットやポストカードが封入され、国内盤には独自の別冊ブックレットも付属する[7]。Blu-ray盤のみ、ハイレゾ音源が収録されている。また、欧米などの一部では、2枚組アナログLPもプレスされた[8]

プロモーション[編集]

バンド及びレコード会社によるプロモーション・キャンペーンではTVコマーシャルの他に、ロンドンニューヨークパリミラノで、アルバム・アートワークを基にしたインスタレーションの展示が行われた[1]。同年11月10日には、ロンドンで大々的な発売記念イベントが開催され、サイケデリック映像で演出されたアルバム試聴会が実施された[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

先行シングルで発売された収録曲「ラウダー・ザン・ワーズ〜終曲(Louder than Words)」のミュージック・ビデオが、アルバムのリリースと同時にYouTubeで公開されている。野外風景の撮影は中央アジアアラル海付近で行われ、『対/TSUI』レコーディング・セッション時の模様などをミックスしたものとなっている。そして、リック・ライトへの追悼テーマに沿う形で、天国に向かう旅をしているかのような演出がされている[6]

アートワーク[編集]

バンドのアートワーク・アルバムカヴァーは、幾つかの例外[注 1]を除いてほぼ全てヒプノシス、同チーム解散以降はその中心人物、ストーム・ソーガソンが手掛けていた。しかしソーガソンが2013年に他界した為、同じ元ヒプノシスのオーブリー・パウエルアートディレクターとして引き継ぎ、カヴァーアーティストの発掘に当たった。そして、エジプト出身で18歳のデジタルアーティスト、アハメッド・エマッド・エルディンによる作品が採用され、Stylorougeスタジオがデジタル化の部分で協力した[10]。このカヴァーアートは、ロンドンのサウス・バンクにてライトアップされ、高さ8メートルの立方体巨大オブジェとして展示された[1]

評価・批評[編集]

アルバムの存在は、正式な発表以前からソーシャル・メディア上でリークされていた。20年振りにスタジオアルバムを体感できる事もあって、この作品が発表されること自体は好感を持って迎えられたものの、作品内容の評価が上述の音楽性の事情もあり、賛否両論となっている[11]

かつてのメンバーであったロジャー・ウォーターズは、本作をもってピンク・フロイドを終わらせたのは正しい判断だとしつつも、ラストアルバムについては「少し聴いたが、好みではない」と評している[12]

チャート成績[編集]

本国・全英ウィークリーチャートでは初登場1位を記録した[13]。イギリスでの1位は1995年発売のライブアルバムP.U.L.S.E』以来となる。全世界でも軒並みヒットを記録し、世界20ヶ国で1位を獲得した[14]

日本のオリコンチャートでは最高7位を記録し、『対』以来20年7ヶ月ぶりのTOP10入りを記録(ウィークリー洋楽アルバムランキングでは最高3位)。12月1日付のBillboard Japan Top Albumsでは5位を記録した。

その他の各国のチャートは後述を参考。

収録曲[編集]

Side 1
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「追伸〜伝心 (Things Left Unsaid)」   GilmourWright
2. 「使命 (It's What We Do)」   Gilmour、Wright
3. 「潮汐流 (Ebb and Flow)」   Gilmour、Wright
合計時間:
Side 2
# タイトル 作詞 作曲 時間
4. 「サム〜調和 (Sum)」   Gilmour、Mason、Wright
5. 「スキンズ〜感触 (Skins)」   Gilmour、Mason、Wright
6. 「静かなる人〜暗黙 (Unsung)」   Wright
7. 「追慕〜遥かなる想い (Anisina)」   Gilmour
合計時間:
Side 3
# タイトル 作詞 作曲 時間
8. 「失われた対話 (The Lost Art of Conversation)」   Wright
9. 「ヌードル・ストリートにて (On Noodle Street)」   Gilmour、Wright
10. 「灯 (Night Light)」   Gilmour、Wright
11. 「出発 Part1 (Allons-y (1))」   Gilmour
12. 「オータム’68 (Autumn '68)」   Wright
13. 「出発 Part2 (Allons-y (2))」   Gilmour
14. 「トーキン・ホーキン〜ホーキング博士の伝言 (Talkin' Hawkin)」   Gilmour、Wright
合計時間:
Side 4
# タイトル 作詞 作曲 時間
15. 「天の呼声 (Calling)」   Gilmour、Anthony Moore
16. 「真珠を見つめる目 (Eyes to Pearls)」   Gilmour
17. 「浮遊 (Surfacing)」   Gilmour
18. 「ラウダー・ザン・ワーズ〜終曲 (Louder than Words)」 Polly Samson Gilmour
合計時間:
デラックス・エディション付属ディスク(BD&DVD共通)
  1. 追慕~遥かなる想い / Anisina (6 video tracks)
  2. 名前のない詩 / Untitled (アルバム未収録曲) (6 video tracks)
  3. エヴリカ(a) / Evrika(a) (アルバム未収録曲) (6 video tracks)
  4. ナーヴァナ / Nervana (アルバム未収録曲) (6 video tracks)
  5. 出発 / Allon-y (6 video tracks)
  6. エヴリカ(b) / Evrika(b) (アルバム未収録曲) (6 video tracks)
  7. TBS9 (アルバム未収録曲) (3 audio tracks)
  8. TBS14 (アルバム未収録曲) (3 audio tracks)
  9. ナーヴァナ / Nervana (アルバム未収録曲) (3 audio tracks)
  10. アルバム 96kHz/24bit 5.1サラウンド (DTS Master Audio) (BD盤のみハイレゾオーディオ)
  11. アルバム 96kHz/24bit 5.1サラウンド (PCM) (BD盤のみハイレゾオーディオ)
  12. アルバム 96kHz/24bit PCMステレオ (BD盤のみハイレゾオーディオ)

チャート[編集]

Chart (2014) Peak
position
オーストラリア (ARIA)[15] 3
オーストリア (Ö3 Austria)[16] 1
ベルギー (Ultratop Flanders)[17] 1
ベルギー (Ultratop Wallonia)[18] 1
カナダ (Billboard)[19] 1
Croatian Foreign Albums (HDU)[20] 1
チェコ (ČNS IFPI)[21] 1
デンマーク (Hitlisten)[22] 1
オランダ (MegaCharts)[23] 1
フィンランド (Suomen virallinen lista)[24] 4
フランス (SNEP)[25] 1
ドイツ (Offizielle Top 100)[26] 1
ギリシャ (IFPI)[27] 6
ハンガリー (MAHASZ)[28] 3
アイルランド (IRMA)[29] 1
Israeli Albums Chart[30] 1
Italian Albums (FIMI)[31] 1
日本 (オリコン)[32] 7
Korean International Albums (Gaon)[33] 4
ニュージーランド (RMNZ)[34] 1
ノルウェー (VG-lista)[35] 1
Polish Albums (ZPAV)[36] 1
ポルトガル (AFP)[37] 1
スペイン (PROMUSICAE)[38] 6
スウェーデン (Sverigetopplistan)[39] 1
スイス (Schweizer Hitparade)[40] 1
イギリス (OCC)[41] 1
US Billboard 200[42] 3
US Top Rock Albums (Billboard)[43] 2

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ピンク・フロイド20年振りのニュー・アルバム『永遠(TOWA)』 - SonyMusic
  2. ^ a b ピンク・フロイド、20年ぶりのニューアルバムが最後の作品に - billboard-japan
  3. ^ a b Everitt, Matt (2014年10月9日). “Shaun Keaveny, with a Pink Floyd Exclusive, Pink Floyd Talk to 6 Music's Matt Everitt”. BBC. 20141009閲覧。
  4. ^ a b ピンク・フロイド「リック無しでライブは不可能」 - BARKS
  5. ^ ピンク・フロイド、20年ぶりに新アルバムリリース - シネマトゥデイ
  6. ^ a b 亡き友に捧げる「ラウダー・ザン・ワーズ~終曲(フィナーレ)」のミュージックビデオを公開 - SonyMusic
  7. ^ ピンク・フロイド『永遠(TOWA)』、別冊「永遠のピンク・フロイド」も付随 - BARKS
  8. ^ ピンク・フロイド新作「永遠(TOWA)」は3形態で発売、収録曲の断片音源公開 - MUSICMAN-NET
  9. ^ ピンク・フロイド、英国でのアルバム発売記念イベントで48年振りのサイケデリック”ライト・ショー”が再現 - SonyMusic
  10. ^ Egyptian teenager designs Pink Floyd’s new album cover”. ES Media Inc. (2014年9月23日). 20140923閲覧。
  11. ^ Reviews for The Endless River by Pink Floyd”. CBS Interactive. 2014年11月5日閲覧。
  12. ^ ロジャー・ウォーターズ「デヴィッド・ギルモアは正しい判断を下した」 - BARKS
  13. ^ ピンク・フロイド、20年振りニュー・アルバムが全英で初登場1位 - MUSICMAN-NET
  14. ^ ピンク・フロイド『永遠(TOWA)』全世界20カ国で1位獲得!日本独自インタビュー第3弾公開
  15. ^ "Australiancharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月15日閲覧。
  16. ^ "Austriancharts.at – Pink Floyd – The Endless River" (in German). Hung Medien. 2014年11月18日閲覧。
  17. ^ "Ultratop.be – Pink Floyd – The Endless River" (in Dutch). Hung Medien. 2014年11月14日閲覧。
  18. ^ "Ultratop.be – Pink Floyd – The Endless River" (in French). Hung Medien. 2014年11月14日閲覧。
  19. ^ "Pink Floyd – Chart history" Billboard Canadian Albums Chart for Pink Floyd. 2014年11月20日閲覧。
  20. ^ "Top Stranih [Top Foreign]" (in Croatian). Top Foreign Albums. Hrvatska diskografska udruga. 2014年11月15日閲覧。
  21. ^ "Czech Albums – Top 100". ČNS IFPI. Note: On the chart page, select 201446 on the field besides the word "Zobrazit", and then click over the word to retrieve the correct chart data. 2014年11月18日閲覧。
  22. ^ "Danishcharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月17日閲覧。
  23. ^ "Dutchcharts.nl – Pink Floyd – The Endless River" (in Dutch). Hung Medien. 2014年11月14日閲覧。
  24. ^ "Pink Floyd: The Endless River" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2014年11月16日閲覧。
  25. ^ "Lescharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月16日閲覧。
  26. ^ "Longplay-Chartverfolgung at Musicline" (in German). Musicline.de. Phononet GmbH. 2014年11月17日閲覧。
  27. ^ "Greekcharts.com – {{{artist}}} – {{{album}}}". Hung Medien. 2014年11月15日閲覧。
  28. ^ "Top 40 album DVD és válogatáslemez-lista – 2014. 46. hét" (in Hungarian). MAHASZ. 2014年11月20日閲覧。
  29. ^ "GFK Chart-Track Albums: Week 46, 2014". Chart-Track. IRMA. 2014年11月14日閲覧。
  30. ^ חמשת הנצפים ביותר” (Hebrew). Musicaneto. 2014年11月16日閲覧。
  31. ^ Classifica settimanale WK 46 (dal 10-11-2014 al 16-11-2014)” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2014年11月20日閲覧。
  32. ^ "Oricon Top 50 Albums: 2014-11-18" . オリコン. 2014年11月14日閲覧。
  33. ^ "South Korea Gaon International Album Chart". On the page, select "2014.11.09~2014.11.15", then "국외", to obtain the corresponding chart. Gaon Chart 2014年11月9日閲覧。
  34. ^ "Charts.org.nz – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月14日閲覧。
  35. ^ "Norwegiancharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月14日閲覧。
  36. ^ Polish Society of the Phonographic Industry”. 2014年11月20日閲覧。
  37. ^ "Portuguesecharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月17日閲覧。
  38. ^ "Spanishcharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月16日閲覧。
  39. ^ "Swedishcharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月18日閲覧。
  40. ^ "Swisscharts.com – Pink Floyd – The Endless River". Hung Medien. 2014年11月18日閲覧。
  41. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2014年11月14日閲覧。
  42. ^ "Pink Floyd – Chart history" Billboard 200 for Pink Floyd. 2014年11月20日閲覧。
  43. ^ "Pink Floyd – Chart history" Billboard Top Rock Albums for Pink Floyd. 2014年11月20日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 夜明けの口笛吹き』『ザ・ウォール』『ファイナル・カット』の三作のみヒプノシス/ソーガソンに拠らない

外部リンク[編集]

ピンク・フロイド公式プロモーションサイト

ソニーミュージック・インフォメーション