ザ・トライアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・トライアル
ピンク・フロイド楽曲
収録アルバム ザ・ウォール
リリース 1979年11月30日(US)
1979年12月8日(UK)
録音 1979年4月11月
ジャンル アート・ロック
プログレッシブ・ロック
時間 5分13秒
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト・レコード/EMI
アメリカ合衆国の旗コロムビア・レコード(オリジナル盤)
キャピトル・レコード(リイシュー盤)
作詞者 ロジャー・ウォーターズ
ボブ・エズリン
プロデュース ボブ・エズリン
ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
その他収録アルバム
ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981
ザ・ウォール収録順
ストップ
(Disc 2の11)
ザ・トライアル
(disc 2の12)
アウトサイド・ザ・ウォール
(Disc 2の13)

ザ・トライアル(The Trial)は、ピンク・フロイドの楽曲。1979年発表のアルバム『ザ・ウォール』に収録されている。

アルバムのクライマックスを飾る曲で、タイトル通り裁判所を舞台に進行していく。オペラ調の大作で、複数の登場人物のセリフを歌詞にしてストーリーは進む。

アルバムの主人公・ピンクが法廷に立たされ、彼がこれまで犯してきた過ちが裁かれていく。法廷に証人として登場するのは学校教師・妻・母親の3人で、次々とピンクにとって不利な証言が出される。過保護な母親はピンクを擁護するが、他の証人は彼を徹底的に糾弾する。ドラッグプレッシャーによって身を滅ぼし、妄執的になってしまったピンクの精神状態を表している。そして、それらの証言をもとに裁判長(うじ虫閣下と呼ばれる)が「壁を取り壊せ」という判決を下す。ラストでは壁が崩壊する音が鳴り響く。

すべての役柄をロジャー・ウォーターズが演じており、器用なヴォーカルで歌い分けている。