ウマグマ (動物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウマグマ
Tibetan Blue Bear - Ursus arctos pruinosus - Joseph Smit crop.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: クマ科 Ursidae
亜科 : クマ亜科 Ursinae
: クマ属 Ursus
: ヒグマ Ursus arctos
亜種 : ウマグマ Ursus arctos pruinosus
学名
Ursus arctos pruinosus
英名
Tibetan blue bear

ウマグマ(学名:Ursus arctos pruinosus)は、ネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属に分類されるヒグマ亜種で、チベットに生息する。名前の由来は走る様子がウマに似ていることから。 標準和名ではチベットヒグマとも呼ばれる[1]チベット語では"dred"と呼ばれ、亜種名はLagomyarius説もある[2]

分布[編集]

チベットと中国西部にまたがって[3]山岳地域に生息する[1]

形態[編集]

毛がふさふさしていて金毛が帯状に背中に走っている個体もおり[2]、馬に着けるのような形をした黄色い毛が肩に生え[3]、体重は100~120kgとされる[1]

生態[編集]

中国の生態学者によれば、年間1500人が殺されている[3]

食性[編集]

鳴き声[編集]

脚主[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

ウェブサイト[編集]

出版物[編集]

  • ドナハート; ロバート・W. サスマン; 伊藤伸子 (2007). ヒトは食べられて進化した. 化学同人. p. 121. ISBN 9784759810820. https://books.google.co.jp/books?id=l6nZOZDBYTsC&pg=PA121#v=onepage&q&f=false 
  • 内田洋介、山田寛「編集ウッチー・ヤマカンの雪男・雪女を探せ!」『PEAKS』第85巻第12号、マイナビ出版(ピークス発行)、2016年、 62頁、 ASIN B01IBJOBFG

関連文献[編集]

外部リンク[編集]