セピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
セピア
sepia
 
16進表記 #6B4A2B
RGB (107, 74, 43)
HSV (29°, 60%, 42%)
マンセル値 5.2YR 3.3/3.9
表示されている色は一例です

セピア(sepia)とは、イカ墨のこと。ギリシア、スペインやイタリアなど一部の国ではコウイカそのものをも指す。

耐光性・耐水性のあるイカ墨由来のインクが漬けペン用として長く使われておりその色味についてセピア色と呼ばれていた。その後、イカ墨インクは粒子の粗さゆえに万年筆を詰まらせる事もあり消えていったが、初期の白黒写真の経年劣化が鶏卵紙由来の黄ばみと画像の退色が進むものでその色味がセピア色であった。それゆえに古写真由来の懐古的な事を示すイメージ色としてセピア色が定着した。

概要[編集]

古代ギリシャ語の σηπία(sēpia, コウイカの意)が語源。地中海沿岸地方では古代よりイカが食材にされるとともに、イカの墨がインクとして使用されていた。イカ墨には悪臭があって色あせしやすいためにインクとしてはその後一旦使用されなくなるが、近世にはイカ墨をアルカリで溶かしたあと塩酸で沈殿させ、それを乾かして茶色の顔料として使うようになった。これが西洋全般に広まるようになる。それとともに"sepia"という単語はイカ墨やその顔料、そしてその色をも意味するようになる。

19世紀末になり、セピアのインクが新聞や雑誌の印刷に使われるようになるとこの色が人気になり、この黒っぽい茶色のモノクロ写真(セピア調の写真という)も現像されるようになる。

イカ墨の色素の主成分はメラニンである。しかし現在市販されている絵具などの顔料として用いられるものは、酸化鉄酸化マンガンを含む顔料等から作られたものである。

JISによる色の定義[編集]

セピアJIS慣用色名
  マンセル値 10YR 2.5/2

日本工業規格にはJIS慣用色名として右図のように色が定義されている。JIS系統色名では「暗い灰みの茶」。

関連項目[編集]