ソニー・クリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニー・クリス
基本情報
出生 1927年10月23日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州メンフィス
死没 1977年11月19日(満50歳没)
ジャンル ビバップ
担当楽器 アルト・サックス、ソプラノ・サックス
レーベル Pacific,Regent,BYG,Swing House,Savoy Jazz,Xanadu,Jazz Showcase,Clef,Verve,Prestige,Pablo,Jam session,Jazz Chronicles,Spotlite,Imperial,Peacock,Polydor,Brunswick,JAS,Fresh Sound Records,Muse,Impulse,Crown,Private recording,GNP,Federal,Norgran,Capitol,Atlantic,Blue Angel Jazz club,Rapsody Films

ソニー・クリスSonny Criss)ことウィリアム・クリス(William Criss, 1927年10月23日1977年11月19日)はアメリカ合衆国ジャズサクソフォン奏者[1]ビバップの時代に程々の名声を掴んだアルト・サクソフォン奏者である。当時のサクソフォン奏者の多くと同じく、チャーリー・パーカーの影響を受けた一人であった。

略歴[編集]

テネシー州メンフィスに生まれ、15歳でロサンゼルスに移る。それからハワード・マギー楽団など、様々なバンドで演奏した[1]。なお、マギー楽団には、売れっ子のアーティスト、チャーリー・パーカーがいた。この頃までにクリスは、歯切れのよい独自のブルージー音色を発展させている。しかしながら次々とバンドを渡り歩き、ジョニー・オーティスビリー・エクスタインの録音にも参加した[1]

1947年に最初の突破口が訪れ、興行師ノーマン・グランツによって数々のジャム・セッションが手配された。1956年ニューヨークインペリアル・レコードと契約し、ソニー・クラークを目玉にして、『ジャズ・イン・U.S.A.(Jazz in U.S.A.)』や『ゴー・マン(Go Man)』、『ソニー・クリス・プレイズ・コール・ポーターSonny Criss Plays Cole Porter)』といった一連の古典的アルバムを録音した。これらの原盤を所有するキャピトル・レコードは、2000年10月にブルー・ノート・レーベルから、2枚組CDとしてこれらの音源を再発売した。1959年のリーダー・アルバム『アット・ザ・クロスローズ(At the Crossroads)』には、ウィントン・ケリーが偽名で参加している。

1965年プレスティッジ・レコードと契約し、主にハード・バップの伝統に根差したアルバムの録音を続けて、名声を勝ち得えた。この頃に制作されたレコードは、アルト・サクソフォンによるクリスの創意に富んだ演奏の実例であり、国内で名を揚げるのに貢献した。当時のアルバムのいくつかによって市場に勝ち残ったが、より重要なアルバムは、ホレス・タプスコットによってヒットチャート入りを目論まれた『ソニーズ・ドリーム(Sonny's Dream)』である。その後はミューズインパルスといったレーベルへの録音向けにセッションを行なった。

1977年胃がんを発病してからは二度と演奏しなかった。病苦に耐えかねた結果、同年ロサンゼルスで自殺して果てた[1]

註釈[編集]

  1. ^ a b c d Allmusic Biography

参考文献[編集]

  • Swing Journal, 11, 1992. スイングジャーナル社、1992年。

外部リンク[編集]