CJ ENM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CJ E&Mから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
CJグループ > CJ ENM
CJ ENM株式会社
CJ ENM Co., Ltd.
CJ E&M本社(2017年12月31日)
CJ E&M本社(2017年12月31日)
種類 株式会社
市場情報 KRX: 130960
本社所在地 大韓民国の旗 大韓民国
121-920
ソウル特別市麻浦区上岩山路66
上岩洞1606
設立 2011年3月1日(CJ E&M)
2018年7月1日(CJ ENM)
業種 サービス業
事業内容 システムソフトウェアの開発および供給業、衛星およびその他の放送業
代表者 カン・ホソン(共同CEO)
ホウ・ミンホ(共同CEO)
資本金 193,7億ウォン(2016年)
売上高 4兆1,613億ウォン(2018年)
営業利益 3,092億ウォン(2018年)
純利益 2,690億ウォン(2018年)
純資産 3兆4,256億ウォン(2018年)
総資産 6兆7,549億ウォン(2018年)
従業員数 3,356人(2018年)
主要株主
  • CJグループ(40.19%)
  • 韓国国民年金公団(4.02%)
  • 李在賢(2.43%)
  • イ・ソンホ(0.70%)
  • イ・ギョンフ(0.28%)
  • イ・ミギョン(0.15%)
外部リンク http://www.cjenm.com
テンプレートを表示

CJ ENM(シージェイ・イーエヌエム、: 씨제이이엔엠CJ ENTERTAINMENT AND MERCHANDISING)は、韓国CJグループの子会社である。2018年7月1日にエンターテイメント事業を展開するCJ E&Mと、通販事業を展開するCJオーショッピングが合併して設立された[1]

前身会社のCJ E&Mは、2011年3月1日オンメディアを含むCJグループ傘下の放送局が統合して新設された総合エンターテイメント企業であった。

映画製作、映画配給、ケーブルテレビ局の運営から番組制作などを幅広く手掛けており、韓国の代表的な音楽専門チャンネルのMnetや、子供番組専門チャンネルのトゥーニバースなどを運営している。

運営[編集]

子会社[編集]

エンターテインメント部門[編集]

スタジオ[編集]

  • CJエンターテインメント
  • スタジオドラゴン
  • JSピクチャーズ
  • BONファクトリー
  • スタジオTAKEONE
  • チャンネルDIA
  • DADAスタジオ
  • JKフィルム
  • BLAADスタジオ

レーベル[編集]

コマース部門[編集]

不祥事[編集]

Mnet投票不正操作問題[編集]

2019年12月、Mnetが放送したアイドルオーディション番組で視聴者投票結果を不正操作した問題が発覚。同月30日、社長の許敏会が謝罪会見を行った[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ シン・ヨンウン (2018年5月10日). “CJオーショッピング・CJ E&M合併法人の社名「CJ ENM」…7月1日に発足”. もっと! コリア. 2021年8月18日閲覧。
  2. ^ Yonhap News Agency” (英語). Yonhap News Agency. 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ Entertainment Giants Team up to Manufacture 'Next Bangtan Boys'” (英語). english.chosun.com. 2020年5月8日閲覧。
  4. ^ 視聴者投票の不正を謝罪” (日本語). 聯合ニュース (2019年12月30日). 2019年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]