韓国取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国取引所
한국거래소
Korea exchange.JPG
種類 証券取引所
韓国の旗 韓国
所在地 釜山およびソウル
座標 北緯35度08分12秒 東経129度03分53秒 / 北緯35.136721度 東経129.064746度 / 35.136721; 129.064746
設立 2005年1月27日
主要人物 Chan Woo Jeong (CEO / Chairman)[1]
通貨 ウォン
上場数 2030(2015年1月時点)[2]
指標 KOSPI
KOSDAQ
KRX 100
ウェブサイト www.krx.co.kr
eng.krx.co.kr
韓国取引所
各種表記
ハングル 한국거래소
漢字 韓國去來所
発音 ハングッコレソ
英語 Korea exchange (KRX)
テンプレートを表示

韓国取引所(かんこくとりひきじょ、英語:Korea Exchange (KRX))は韓国の証券取引所である。

概要[編集]

韓国唯一の証券取引所である。取引時間は2016年8月以降、午前9時から午後3時半まで[3]

本社は釜山広域市南区門峴金融団地釜山国際金融センター(BIFC)に所在する[4]。また証券取引部門およびコスダック部門の事務所をソウルに有する[5]

歴史[編集]

韓国証券先物取引所法に基づき、2005年に既存の3つの直物先物取引所(韓国証券取引所韓国先物取引所コスダック)を統合して設立された[6]。旧有価証券・先物取引所は現在KRXの業務部門(証券取引部門(KSE)、コスダック部門、先物取引部門)として運営されている。

2015年5月22日、持続可能な証券取引所イニシアチブに加盟[7]

2017年4月1日時点で2,134社が上場している[8]

構成[編集]

証券取引市場部門、コスダック市場部門、派生(デリバティブ)商品取引市場部門、経営戦略部門、市場監視部門およびグローバルITビジネス部門の6つの傘下部門から構成されている[9]

取引商品[編集]

韓国証券取引所(KSE)
コスダック(KOSDAQ)
  • 株式
韓国先物取引所(KOFEX)
  • 株価指数・・・KOSPI200先物、KOSTAR先物、KOSPI200オプション
  • SSF
  • エクイティオプション
  • 金利商品・・・3年物KTB先物、5年物KTB先物、10年物KTB先物
  • 外国為替証拠金取引・・・USD/KRW先物、JPY/KRW先物、EUR/KRW先物、USD/KRWオプション
  • コモディティ・・・先物、金ミニ先物、豚赤身肉先物

出典[編集]

  1. ^ CEO Message”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。
  2. ^ Korea Exchange”. Sustainable Stock Exchanges Initiative. 2015年5月14日閲覧。
  3. ^ 韓国取引所、8月から取引時間を30分延長へ 日本時間午後3時半まで”. ロイター. 2017年4月2日閲覧。
  4. ^ Locations”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。
  5. ^ Locations”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。
  6. ^ Consolidation”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。
  7. ^ UN Secretary-General Joins Business Leaders in Seoul, Calls for Urgent Action on Poverty, Climate Change and Conflict”. UN Global Compact. 2015年5月23日閲覧。
  8. ^ Listed Company”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。
  9. ^ Organization”. Korea Exchange. 2017年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]