ベルトコンベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルトコンベア (1952)

ベルトコンベア: belt conveyor)とは、輪状にした幅広のベルトを台車の上で回転させ、その上に運搬物を載せて移動させる装置。ベルトコンベアーベルトコンベヤベルトコンベヤーとも訳される。ベルトの材質はゴムが主流であるが、運搬するものによって樹脂製、フェルト製などもある。

概要[編集]

コンベヤは、流通システムや自動化倉庫システムおよび製造および生産施設で用いられる耐久性と信頼性の高い部品である。コンピューター制御のパレット処理装置と組み合わせて、より効率的な小売、卸売、および製造流通が可能になる。大量のものを迅速に動かすことができるため、企業は少ないスペースかつ少ない人員で大量の荷物を受け渡すことができるため、省力化システムとみなされる。

ベルトコンベヤは、汎用性が高く、かつ安価であるため、よく用いられる動力コンベヤである。製品はベルトで直接運ばれるので、様々な大きさや重量および形状に対応できる。カーブした部分でもテーパローラやカーフベルトを用いて製品を搬送可能である。これらのコンベヤシステムは郵便物の仕分けや空港の手荷物処理などで一般的に用いられる。

歴史[編集]

鉱石を運搬する様子(40秒辺りから)

ベルトコンベアが使われるようになったのは19世紀(1830年代頃)からであるといわれている。初期のものは稚拙な代物であり、実用的なものは19世紀後半に開発されていった。 1901年にはサンドビック株式会社(Sandvik)がスチール製のベルトコンベアを発明し、生産を開始した。

生産現場で積極的に用いられるようになったのは、1913年ヘンリー・フォードフォード・モーターの工場で流れ作業に使用するようになってからである。これはフォード・モデルTに代表される大量生産の組み立て現場から広まった。ベルト上に流れる部品を加工する流れ作業に用いられ、人間性を無視した単純労働の喩えとしても使われるようになった。

構造[編集]

ベルトコンベアは、一般的に、両端にローラーを備えた平らな金属フレームで構成される。

種類[編集]

用途[編集]

資材・生産物の運搬[編集]

ベルトコンベアを複数基連動させて、鉱業や建設現場における鉄鉱石石炭、土砂などの運搬にも使われるようになった。現在、長いものでは数十kmにも達するものも存在する。鉱山鉄道と比較して低コストであることや、事故などのリスクが低いため、日本国内では鉱石輸送の主役になっている。

その他[編集]

関連項目[編集]