〜空色グラフィティ〜君に会いたくて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
~空色グラフィティ~君に会いたくて
ジャンル ドキュメンタリー番組
放送時間 土曜日22:30 - 22:54(24分)
放送期間 2005年4月2日 - 9月24日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
プロデューサー 重定菜子
出演者 三浦春馬(ナレーション)
音声 ステレオ放送
オープニング 「東京シャイネスボーイ」
細野晴臣
テンプレートを表示

〜空色グラフィティ〜君に会いたくて(そらいろグラフィティ きみにあいたくて)は、2005年4月2日から同年9月24日までテレビ東京系列で毎週土曜22:30 - 22:54(JST)に放送されていたドキュメンタリー番組。放送回数は全26回。ナレーターは三浦春馬。番組テーマは細野晴臣の『東京シャイネスボーイ』。

概要[編集]

ゲスト毎にサブタイトルが設けられ、章を構成している。番組最後の次週予告前にメインスポンサーであるHONDAAIRWAVE インフォマーシャル(番組内CM)が放送されていた。ナビゲーターはエッセイスト国井律子。最終回ではAIRWAVEにCM出演した坂口憲二が登場。CMに共演した坂口征二も最終回に出演し、故郷である福岡県を訪ねた。

ナレーターとして参加していた三浦春馬は最終回のみ番組の感想を言っている傍ら、顔出しの出演も果たす。

当番組のホームページでは、番組名の末尾にが付けられていた(現在は閉鎖)。しかし、実際の番組ではは付いていなかったため、ここではを付けずに記した。

番組の流れ[編集]

番組はスタッフ(音声のみ)がまず、名前、年齢、出身などをゲストに問いかける所からスタートする。次にドキュメンタリーVTRに移り、ゲストが会いたい人(恩師・友達・親戚など)を訪ねるため、故郷や母校に出向く。その地で自身の人物像を会いたい人に聞き、思い出に浸りながらも記憶の中にある人物像と会いたい人から見た自分の人物像との相違を明らかにしていく。

自分探しの旅に出掛けた結果、本当の自分とは? このような疑問も番組の随所にゲストがコメントする。

各地の放送時間[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日及び放送時間 放送日の遅れ
長崎県 長崎国際テレビ 日本テレビ系列 木曜 25時20分~25時45分 103日遅れ

過去に放送していた局[編集]

ゲスト[編集]

(五十音順)

スタッフ[編集]

  • 構成 - 小原信治三枝玄樹川邊優子
  • 撮影 - 原正美
  • 編集 - 桜井一成
  • 音響効果 - 中田圭三
  • MA - 赤松茂雄
  • 技術協力 - アートプラザ、4-Legs
  • AD - 大沼知朗、上野和幸
  • アソシエイト・プロデューサー - 須田裕子(アミューズ
  • AP - 森田昌泰、開発栄三(コード)
  • ディレクター - 森脇美樹(グラム)、志水俊太郎(コード)
  • 演出 - 関眞也(グラム)
  • プロデューサー - 重定菜子(テレビ東京)、日枝広道、木野雅也
  • 制作協力 - オフィスクレッシェンド
  • 製作著作 - テレビ東京、電通
テレビ東京 土曜22時台後半
前番組 番組名 次番組
〜空色グラフィティ〜君に会いたくて
音遊人
【金曜22:54 - 23:00から枠移動・拡大】