スタニスラフ・モロゾフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif スタニスラフ・モロゾフ
Stanislav MOROZOV
Figure skating pictogram.svg
Cup of China 2009 Tatiana VOLOSOZHAR Stanislav MOROZOV.jpg
2009年中国杯でのモロゾフとボロソジャル
基本情報
代表国:  ウクライナ
生年月日: (1979-02-01) 1979年2月1日(38歳)
出生地: エカテリンブルク
身長: 187 cm
体重: 85 kg
元パートナー: タチアナ・ボロソジャル
アリオナ・サフチェンコ
エレーナ・ベルソフスカヤ
元コーチ: インゴ・シュトイアー
ガリーナ・クハル
ニコライ・モロゾフ
元振付師: ニコライ・モロゾフ
所属クラブ: ウクライナキエフ
引退: 2010年3月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 187.83 2010 欧州選手権
ショートプログラム: 67.60 2010 欧州選手権
フリースケーティング: 120.23 2010 欧州選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2000 オーベルストドルフ ペア
ジュニアグランプリファイナル
1999 グダニスク ペア

スタニスラフ・オレクサンドロビチ・モロゾフウクライナ語: Станіслав Олександрович Морозовロシア語: Станислав Морозов[1]1979年2月1日 - )は、ウクライナの元フィギュアスケート選手(ペア)。2000年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックウクライナ代表。パートナーはタチアナ・ボロソジャルアリオナ・サフチェンコなど。

表記[編集]

ウクライナ語音に基づけば「スタニスラーウ・オレクサーンドロヴィチ・モローゾウ」がより適当であるが、本稿では日本語メディアで多く使用されるカナ表記を用いている。

経歴[編集]

エカテリンブルクに生まれ、4歳ころからスケートを始めた。ジュニア時代の初期にエレーナ・ベルソフスカヤとペアを組み、1997年カールシェーファーメモリアルで優勝するがほどなく解散、1998年よりアリオナ・サフチェンコとペア結成した。

1999-2000シーズンからISUジュニアグランプリに出場。初出場ながらJGPファイナルで優勝、世界ジュニア選手権でも優勝を果たした。また、シニアクラスの欧州選手権およびISUグランプリシリーズにも出場し、ウクライナ選手権ではシニアクラスで優勝を飾った。翌2000-2001シーズンからシニアクラスに完全移行したが、各大会で入賞はあったものの、メダル獲得までには至らなかった。2002年ソルトレイクシティオリンピックに出場し15位。シーズン終了後にペアは解散し、一時競技から引退する。

2004年、タチアナ・ボロソジャルとペアを結成し、競技会への復帰を果たした。2005年冬季ユニバーシアード競技会で2位、2005年欧州選手権では5位入賞となった。トリノオリンピックを控えた2005-2006シーズン、カールシェーファーメモリアルで優勝し、トリノオリンピック出場資格を得たが、2005年11月、練習中にスタニスラフ・モロゾフ自身のケガのためISUグランプリシリーズへの出場は見送られた。ケガ明けのトリノオリンピックでは12位、世界選手権では10位に終わる。

2007-2008シーズン、初戦のエリック・ボンパール杯では5位となり、NHK杯ではSPで2位と好スタートを切ったが、FSではミスが目立ち総合で4位に終わった。欧州選手権ではSPを終え3位に付けていたものの、FSで逆転を許し総合4位、メダル獲得はならなかった。

バンクーバーオリンピックでは8位となり、これを最後に現役引退を表明した。

現在はロシアで、元パートナーのボロソジャルとトランコフのペアのコーチとして活動している。

主な戦績[編集]

大会/年 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
冬季オリンピック 15 12 8
世界選手権 9 10 10 4 9 6
欧州選手権 7 6 5 5 4 4 4
ウクライナ選手権 2 1 1 1 1 1 1
GPファイナル 4
GPスケートアメリカ 2
GP中国杯 2 3
GPロシア杯 4 5 3
GPエリック杯 5
GPNHK杯 4
GPスケートカナダ 6
GPボフロスト杯 5
ネーベルホルン杯 1 3 2
ユニバーシアード 2 2
シェーファー記念 1
世界Jr.選手権 12 1
JGPファイナル 1
JGPスケートスロベニア 2
JGPクロアチア 1

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月14日-15日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 9
62.14
8
119.64
8
181.78
2010年1月19日-20日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 4
67.60
4
120.23
4
187.83
2009年12月22日-23日 ウクライナフィギュアスケート選手権ドニプロペトロウシク 1
65.82
1
115.81
1
181.63
2009年11月13日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 2
61.70
3
110.12
2
171.82
2009年10月30日-31日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
62.98
3
107.81
3
170.79
2009年9月24日-25日 2009年ネーベルホルン杯[2]オーベルストドルフ 2
59.46
2
106.29
2
165.75


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月24日-25日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 6
64.10
5
111.51
6
175.61
2009年1月20日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 4
56.20
3
115.14
4
171.34
2008年12月18日-21日 ドイツフィギュアスケート選手権[3]オーベルストドルフ 2
58.64
2
105.12
2
163.76
2008年12月11日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル高陽 4
64.08
5
111.75
4
175.83
2008年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3
58.34
3
109.52
3
167.86
2008年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
60.34
2
114.71
2
175.05
2008年9月25日-28日 2008年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
61.02
4
95.06
3
156.08


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 8
59.53
10
100.42
9
159.95
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 3
61.29
4
102.14
4
163.43
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 2
60.14
5
90.67
4
150.81
2007年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
54.18
6
98.41
5
152.59


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 8
57.62
5
116.00
4
173.62
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 5
53.62
4
101.73
5
155.35
2007年1月18日-19日 第23回冬季ユニバーシアードトリノ 2
54.80
2
95.40
2
150.20


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 11
50.87
10
97.03
10
147.90
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 12
50.14
12
98.24
12
148.38
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアルウィーン 1
54.42
1
101.57
1
155.99


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 11
55.75
11
100.63
10
156.38
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ 5
56.26
5
95.53
5
151.79
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6
49.46
4
98.72
5
148.18


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 13 14 14
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 5 5 5
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ 4 4 4
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 6
44.68
7
84.63
6
129.31
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 7
44.30
7
85.55
7
129.85
2003年10月2日-5日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 3 2 2
2003年9月11日-14日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア 2 2 2


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 17 17 17
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 6 7 7
2003年1月20日-26日 2003年ヨーロッパフィギュアスケート選手権マルメ 8 7 7
2002年11月21日-24日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 9 9 9
2002年10月30日-11月3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯ミラノ 7 3 4
2002年10月10日-6日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 4 4 4


  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Stanislav Morozov
  2. ^ バンクーバーオリンピック最終予選指定競技会であり国際スケート連盟が主催した。
  3. ^ オープン参加 順位にはドイツ選手を含む。

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2009-2010 Dreams Illusion
編曲:DJI
映画『パール・ハーバー』より
作曲:ハンス・ジマー
Life in Mono
曲:Mono
2008-2009 映画『陽のあたる教室』より
作曲:マイケル・ケイメン
Turn Around
by ボニー・タイラー、カレン・アントン
Life in Mono
曲:Mono
2007-2008 奇跡の始まり
作曲:ピーター・ガブリエル
映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』より
作曲:ハンス・ジマー
Total Eclipse of the Heart
ボーカル:サラ・ブライトマン
2006-2007 アルビノーニのアダージョ
作曲:レモ・ジャゾット
Phantom of the Opera on Ice
作曲:ロベルト・ダノワ
アヴェ・マリア
作曲:フランツ・シューベルト
2005-2006 映画『1492 コロンブス』より
作曲:ヴァンゲリス
2004-2005 剣の舞
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
ピアノソナタ第14番
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

参考文献[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]