愛のロマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

愛のロマンス」(あいのロマンス)は、ギター楽曲

起源についてはスペイン民謡とされることが多いが、19世紀後半にギターの練習用として作られたものと考えられており[1]、実際にクラシック・ギターの練習曲の定番として広く演奏されている。作曲者についても諸説あるが、スペインのギター奏者アントニオ・ルビーラとする説が有力とされている。最初に映画で使われたのは1941年に製作されたアメリカ映画血と砂』であるが、1952年フランス映画禁じられた遊び』の主題曲としてギタリストナルシソ・イエペスが編曲・演奏したことで世界的に知られるようになった[2]

タイトルも「Romance Anónimo(名前のないロマンス)」、「Estudio en Mi de Rubira(ルビーラによるホ調練習曲)」、「Romance de España(スパニッシュ・ロマンス)」など多数の表記が見られる。

カバーした主なミュージシャン[編集]

みんなのうた
禁じられた遊び
歌手 東京放送児童合唱団
作詞者 薩摩忠
作曲者 不詳
編曲者 小林秀雄
映像 実写
初放送月 1964年2月3月
テンプレートを表示

みんなのうた[編集]

NHKの『みんなのうた』では、『禁じられた遊び』というタイトルで1964年2月3月に紹介。作詞は薩摩忠、編曲は小林秀雄が手掛け、歌は東京放送児童合唱団が担当した。

脚注[編集]