ナタリア・シェスタコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pix.gif ナタリア・シェスタコワ
Natalia Shestakova
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1988-10-18) 1988年10月18日(30歳)
出生地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ペルミ
身長: 156 cm
元パートナー: パーヴェル・レベデフ
マキシム・トランコフ
元コーチ: ニコライ・ベリコフ
リュドミラ・ベリコフ
元振付師: Alexander Stiopin
所属クラブ: Yubileiny SC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 142.12 2005 GP中国杯
ショートプログラム: 51.18 2004 GP NHK杯
フリースケーティング: 96.24 2005 GP中国杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2004 ハーグ ペア
ジュニアグランプリファイナル
2003 マルメ ペア

ナタリア・セルゲーエヴナ・シェスタコワロシア語: Наталья Сергеевна Шестакова, ラテン文字転写: Natalia Sergeevna Shestakova, 1988年10月18日 - )は、ロシアペルミ出身の女性フィギュアスケート選手。2004年世界ジュニア選手権ペアチャンピオン。パートナーはパーヴェル・レベデフマキシム・トランコフ

経歴[編集]

ロシアのペルミに生まれ、5歳のころにスケートを始めた。当初はマキシム・トランコフとペアを組んでいたが、2003年よりパーヴェル・レベデフとペアを結成した。

ペア結成して初めてのシーズンでもあった2003-2004年シーズン、JGPソフィア杯でいきなり優勝を飾る。続くJGPスケートブレッドでは2位となりJGPファイナルへ進出。JGPファイナルでは2位となったものの、その勢いのまま初出場の世界ジュニア選手権を制した。

2004-2005年シーズンからはシニアに完全転向。ISUグランプリシリーズにも参戦し、中国杯などでは入賞するほどまでに成長したが、2005-2006年シーズンをもってペアは解散した。

主な戦績[編集]

大会/年 2003-04 2004-05 2005-06
ロシア選手権 5 4 4
GPエリック杯 5
GP中国杯 5
GPNHK杯 6
GPロシア杯 9
ニース杯 2
世界Jr.選手権 1
JGPファイナル 2
JGPスケートブレッド 2
JGPソフィア杯 1

詳細[編集]

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2005年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
50.24
5
89.04
5
139.28
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
45.88
5
96.24
5
142.12


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 8
48.06
9
80.28
9
128.34
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 5
51.18
7
76.72
6
127.90


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 1 1 1
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ 2 2 2
2003年10月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートブレッドブレッド 1 2 2
2003年10月6日-9日 2003年ニース杯ニース 3 2 2
2003年9月11日-14日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア 1 1 1

外部リンク[編集]