オクサナ・バイウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オクサナ・バイウル
Oksana BAIUL
Figure skating pictogram.svg
Stamp of Ukraine. Baiul.jpg
ウクライナで発行された五輪優勝記念切手。
選手情報
生年月日 (1977-11-16) 1977年11月16日(43歳)
出生地 ドニプロペトロウシク
身長 162 cm
元コーチ ガリーナ・ズミエフスカヤ
元振付師 Evgeni Nemirovski
引退 1994年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
1994 リレハンメル 女子シングル
世界選手権
1993 プラハ 女子シングル
欧州選手権
1993 ヘルシンキ 女子シングル
1994 コペンハーゲン 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

オクサナ・セルヒーイヴナ・バイウルウクライナ語:Оксана Сергіївна Баюлラテン翻字Oksana Sergeyevna Baiul1977年11月16日 - )は、ウクライナドニプロペトロウシク生まれの女性フィギュアスケート選手で現在はプロスケーター。1994年リレハンメルオリンピック女子シングル金メダリスト。ウクライナ語読みでは「オクサーナ・セルヒーイィヴナ・バユール」が近い。

経歴[編集]

バイウルが3歳のときに両親が離婚、10歳の時に祖父母、13歳の時に母親が死去、孤独で貧しい少女時代を送った。バイウルの才能を見出したのはコーチのガリーナ・ズミエフスカヤで、ズミエフスカヤの娘婿のヴィクトール・ペトレンコが活動資金の援助を行なった。

1992-1993シーズンにバレエで培った表現力を武器に国内選手権で優勝、ヨーロッパフィギュアスケート選手権で2位、世界フィギュアスケート選手権では優勝を果たす。

1993-1994シーズン、ヨーロッパ選手権で2位。迎えたリレハンメルオリンピックショートプログラム、「白鳥の湖(黒鳥)」を演じてアメリカ合衆国ナンシー・ケリガンに次ぐ2位につけた。フリースケーティング前の公式練習でドイツのタニヤ・シェフチェンコと衝突し、足を3針縫うアクシデントがあったが、痛み止めを打ちフリーに強行出場。フリーで1位を獲得し、逆転の金メダルを獲得した。オリンピックエキシビションでの「瀕死の白鳥」を最後にプロに転向、以後はアメリカに移住している。

2007年に「チャンピオンズ・オン・アイス」で初来日。

主な戦績[編集]

大会/年 1991-92 1992-93 1993-94
オリンピック 1
世界選手権 1
欧州選手権 2 2
ウクライナ選手権 1
スケートアメリカ 1
ボフロスト杯 4 2

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
1993-1994 白鳥の湖[1] ミュージカル・メドレー 瀕死の白鳥[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「フィギュアスケート スタンダードナンバー代比較 白鳥の湖編」『フィギュアスケートDays vol.5』DAI-X出版、2008年2月、pp.64-67
  2. ^ 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p.49

外部リンク[編集]