ジョゼ・シュイナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif ジョゼ・シュイナール
Josée Chouinard
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: (1969-04-21) 1969年4月21日(48歳)
出生地: ケベック州モントリオール
身長: 157 cm
 
獲得メダル
フィギュアスケート
グランプリファイナル
1995/96 パリ 女子シングル

ジョゼ・シュイナール(Josée Chouinard、1969年4月21日 - )は、カナダ出身の女性フィギュアスケート選手で、現在はコーチ業を務めている。1992年アルベールビルオリンピック1994年リレハンメルオリンピック女子シングルカナダ代表。

経歴[編集]

1969年、ケベック州、ローズモンに生まれる。父アンドレ、母レモンドの長女として、弟エリックとともにラバルで育つ。父は飛行機整備技師、母は病院事務をしていた。ジョゼは活発な子供でバレエ、水泳、スキーなどのいろんなスポーツを楽しんでいた。5歳の頃にスケートを始め、9歳の時にスケートの人生を歩もうと決心して、ラバルにあるスケートクラブ「レーム・ダルジャン」に通い始める。そこでコーチのジョアンヌ・バルボーと出会い、カナダ選手権で2回優勝するまでコーチにつく。
父アンドレはジョゼが12歳の時にガンで亡くなった。父はスポーツが好きでジョゼにも勧めていたが、母レモンドはスポーツが残酷であるということを知っていた。幼いジョゼは初めて競技会に出る時にコーチがジョゼを綺麗にメイクアップしたり、ドレスアップしたり、王冠をかぶせてくれたりしたことを大層気に入って、競技会が好きになっていった。

引退後、フィギュアスケーターのジャン・ミシェル=ボンバルディエと結婚、2005年1月には双子を出産した。2006年に離婚。

主な戦績[編集]

大会/年 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94 1994-95 1995-96
オリンピック 9 9
世界選手権 6 5 9 5
カナダ選手権 3 1 2 1 1 2
GPファイナル 3
スケートアメリカ 11 9
スケートカナダ 1 3 3
ラリック杯 1
ボフロスト杯 8 4
NHK杯 4 9
カールシェーファー 1
ネーベルホルン杯 2
ピルエッテン 2

備考[編集]

1994年リレハンメルオリンピックでシュイナールは、テクニカルプログラムでは暫定で8位だった。フリースケーティングでは、同じくテクニカルプログラムで暫定10位と出遅れた、アメリカのトーニャ・ハーディングのあとに滑ることになっていたが、そのハーディングはアナウンスが始まってもリンクに現れなかった。アナウンスから2分以内に演技を開始しなければ失格となるが、失格直前にハーディングはようやく現れ演技を開始する。演技が始まり最初のジャンプでミスをするとハーディングは突然泣き出して演技を中断、靴紐の不具合をジャッジに説明し、グループの最終滑走へ繰り下がることになった。 これにより次の滑走者であったシュイナールが、急遽滑走することとなった。この予期せぬ出来事の影響があったのか、シュイナールのフリー演技はジャンプに細かなミスが続出し、結局順位を一つ下げて総合で9位に終わった(演技のやり直しが認められたハーディングは8位入賞)。

参考文献[編集]