太田由希奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 太田 由希奈
Yukina OHTA
Figure skating pictogram.svg
Yukina Ota.jpg
2004年四大陸選手権で演技を行う太田由希奈
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: 1986年11月26日(27歳)
出生地: 京都市[1]
身長: 158 cm[2]
元コーチ: 樋口豊[3]
濱田美栄[2]
ダイアナ・ロネイン[4]
元振付師: カタリナ・リンデン[3]
アストリッド・シュラブ
デヴィッド・ウィルソン
樋口豊
トム・ディクソン
ビリー・チャペル[5]
濱田美栄[5]
所属クラブ: 京都醍醐FSC
同志社女子高等学校
同志社大学
法政大学 (2007-2008)
引退: 2008年11月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 162.59 2003 GPスケートカナダ
ショートプログラム: 63.90 2003 GPスケートカナダ
フリースケーティング: 98.69 2003 GPスケートカナダ

太田 由希奈(おおた ゆきな、ラテン文字:Yukina Ota、1986年11月26日[2] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2004年四大陸選手権優勝。2003年世界ジュニア選手権優勝。

アマチュア引退後の現在は、プロスケーターコーチ振付師・テレビ解説者などで活動中。

人物[編集]

京都府京都市生まれ。宇治市立木幡中学校、同志社女子高等学校卒業[1]同志社大学政策学部[6]入学後、練習拠点を東京に移すために2007年に退学し、法政大学通信教育課程文学部日本文学科に入学し直した。2008年に競技を引退し、2009年4月からは同志社大学に復学。趣味は家事全般とスポーツ観戦[3]。スポーツマンというよりは気性の激しい芸術家肌といった性格で、自身も「現役時代は嵐のようだった」と語っている。[7]

指先まで神経の行き届いた表現力、所作の美しさから「氷上のバレリーナ」の名を取り、海外でも高い評価を受けた[8][9][10][11]。レイバックスピンやイナバウアーの美しさにも定評がある[2][8]。しかし、右足首の故障でジャンプの確実性を損ね、3回転ルッツや3回転フリップはプログラムから外すようになった。

経歴[編集]

4歳のとき、京都醍醐スケートリンクで濱田美栄に声をかけられ、6歳から競技を始めた。小学校3年生からはクラシックバレエにも取り組み、小学校6年生で3回転ジャンプを跳んだ[12][13]

2001-2002シーズンにISUジュニアグランプリ (JGP)ソフィア杯で優勝し、JGPファイナルに進出。2002-2003シーズンのJGPファイナルで優勝し、世界ジュニア選手権でも日本人女子シングル選手として小岩井久美子以来10年ぶりとなる優勝を果たした。

2003-2004シーズンにはシニアの国際大会デビュー戦となる四大陸選手権で優勝し、2006年トリノオリンピックに向けて期待を集めた。しかし、持ち味だった関節の柔らかさがかえって仇となり、右足首の骨挫傷という選手として致命的な怪我を負ってしまう[14]。2004-2005シーズン途中からは競技会に出られない日々が続き、引退やアイスダンス転向も検討したが[8]、シングルでの復帰を目指してアメリカリハビリに励んだ。アメリカではアレクシ・ギレスの家にホームステイし[15]、ジュディ・ブルンバーグの誘いで「アイスシアター・オブ・ニューヨーク」に出演した[16]

2006年、「KTV Diamond Ice 2006」で久々に日本国内のファンに演技を見せた[17]。同年からは練習拠点を東京に移し、樋口豊の指導を受けてバンクーバーオリンピック出場を目指した。2007-2008シーズンにはゴールデンスピンで国際競技会にも復帰していたが、2008年の東京選手権を欠場した後、引退を発表した[13][18]。同年12月からプロスケーター活動を開始し、2009年には同志社大学政策学部に1年生として再入学した[19]。2012年に同志社大学卒業。2013年、同志社大学大学院総合政策科学研究科入学。

主な戦績[編集]

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08
四大陸選手権 1
全日本選手権 4 5 12 7
GPスケートアメリカ 7
GPNHK杯 6
GPスケートカナダ 4
ゴールデンスピン 4
世界Jr.選手権 9 1
全日本Jr.選手権 11 6 3 3
JGPファイナル 6 1
JGPトラパネーゼ杯 1
JGPベオグラード・スパロー 1
JGPサルコウ杯 4
JGPソフィア杯 1

詳細[編集]

2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 7
50.84
8
92.12
7
142.96
2007年11月8日-11日 2007年ゴールデンスピンザグレブ 4
45.62
4
82.81
4
128.43


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 7
54.46
13
88.16
12
142.62


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ 5
47.42
7
83.28
7
130.70


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 3 2 1
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 4 5 5
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 7
47.72
6
86.07
6
133.79
2003年10月30日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 2
63.90
4
98.69
4
162.59


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 1 2 1 1
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権京都 - 4 4 4
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ - 3 1 1
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 - 7 2 3
2002年10月30日-11月3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯ミラノ - 2 1 1
2002年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ベオグラード・スパローベオグラード - 1 1 1


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月3日-10日 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーマル 6 6 9 9
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権東京 - 2 4 3
2001年12月13日-16日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルブレッド - 6 6 6
2001年11月1日-4日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯マルメ - 6 4 4
2001年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 1 2 1


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2001年3月22日-24日 2001年ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ 4 4 4

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2008-2009[20][21] 白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:アストリッド・シュラブ
アランフエス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ウィンターライト
作曲:サラ・ブライトマン
振付:太田由希奈
2007-2008[22][21] 歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
アランフエス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ウィンターライト
振付:太田由希奈、樋口豊
ラブストーリー
2006-2007[21] 白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:カタリナ・リンデン[21]
バレエ音楽『恋は魔術師』より
ファイアーダンス/火祭りの踊り
作曲:マヌエル・デ・ファリャ
Anytime, Anywhere
作曲:トマゾ・アルビノーニ、ボーカル:サラ・ブライトマン
2005-2006[2] ツィガーヌ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:トム・ディクソン
歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:トム・ディクソン
タンゴ 映画『シャル・ウィ・ダンス?』より
振付:トム・ディクソン
2004-2005[23] ツィガーヌ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:トム・ディクソン
歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:トム・ディクソン
Anytime, Anywhere
作曲:トマゾ・アルビノーニ、ボーカル:サラ・ブライトマン
2003-2004[24][25] ピカソダンス
作曲:ヒロシマ
振付:トム・ディクソン
ダフニスとクロエ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:トム・ディクソン
ラスト・ダンス
作曲:ポール・ジャバラ、ボーカル:ドナ・サマー
振付:トム・ディクソン
2002-2003[5][24][26][25] 死の舞踏
作曲:カミーユ・サン=サーンス
歌劇『トゥーランドット』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ、演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:トム・ディクソン
黄昏のワルツ
作曲:加古隆
2001-2002[5][24] ポエタ
ビセンテ・アミーゴ
歌劇『トゥーランドット』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ、演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:トム・ディクソン
-
2000-2001[24] タンゴ シルク・ドゥ・ソレイユより ミュージカル『ウエスト・サイド物語』より
作曲:レナード・バーンスタイン
-

出演[編集]

受賞[編集]

日本オリンピック委員会[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック』実業之日本社、2004年11月、p.44
  2. ^ a b c d e 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.22
  3. ^ a b c 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.54
  4. ^ 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック2006』実業之日本社、2005年10月、p.59
  5. ^ a b c d 松岡修造著『Stay Gold フィギュアスケート編』ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2003年4月、p.138
  6. ^ 『応援ブック2006』p.60
  7. ^ Sports Graphic Number』747号 太田由希奈の生き方。
  8. ^ a b c 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.42
  9. ^ 『Stay Gold』p.154
  10. ^ 八木沼純子著『氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p.126
  11. ^ 『ファンブック2009』p.51
  12. ^ 『氷上のアーティストたち』pp.127-128
  13. ^ a b 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.84
  14. ^ 『氷上のアーティストたち』p.133
  15. ^ 『応援ブック2006』p.58
  16. ^ 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』p.35
  17. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07』毎日新聞社、2007年4月、 p.94
  18. ^ @nifty Sports@nifty (2008年11月26日). “太田由希奈選手からのメッセージ”. 2008年11月26日閲覧。
  19. ^ 野口美恵「太田由希奈 感謝を胸に新たな道へ」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.72-75
  20. ^ 『キャラクターブック2008-2009』p.37
  21. ^ a b c d 『ファンブック2009』p.91
  22. ^ 『キャラクターブック2008-2009』pp.35-37
  23. ^ 『応援ブック』p.91
  24. ^ a b c d 『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、pp.132-133
  25. ^ a b 『ファンブック2009』p.85
  26. ^ 『little wings』p.84

外部リンク[編集]